レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[データを読む]

2018年1月号 279号

(2017/12/15)

「外資系投資ファンドによる対日M&A動向(2)」3兆円で過去最高。カーブアウト型が本格化

  外資系投資ファンドによる対日M&Aは1-11月期75件と、前年同期の66件から13.6%の増加となった。金額合計は約3兆円で過去最高を記録した。バイアウト系(買収と事業譲渡の合計)では、米ベインキャピタルを軸とする企業コンソーシアムによる東芝子会社の東芝メモリの買収のほか、米KKRによる日立製作所子会社の日立工機、日立国際電気の買収など、日本企業がファンドを活用し事業や子会社を切り出す「カーブアウト型」の案件が本格化してきた。その他(資本参加と出資拡大の合計)では、もの言う株主の動きも活発化してきており、今後の動向が注目される。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回】改正民法下での事業承継M&A契約の留意点

スキルアップ

[【法務】民法改正が事業承継M&Aに与える影響(ソシアス総合法律事務所 高橋・小櫃弁護士)]

NEW 【第3回】改正民法下での事業承継M&A契約の留意点

高橋 聖(ソシアス総合法律事務所 パートナー弁護士)
小櫃 吉高(ソシアス総合法律事務所 弁護士)

2019年1-9月の日本企業のM&A動向

マーケット動向

[M&A四半期レポート]

NEW 2019年1-9月の日本企業のM&A動向

【第15回】エンタプライズDCF法の実務④:STAGE 4 将来の業績予測②、STAGE 4 企業価値の算定

スキルアップ

[【企業価値評価】事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門(早稲田大学大学院 鈴木一功教授)]

NEW 【第15回】エンタプライズDCF法の実務④:STAGE 4 将来の業績予測②、STAGE 4 企業価値の算定

鈴木 一功(早稲田大学大学院 経営管理研究科<早稲田大学ビジネススクール>教授)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム