レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2020年2月号 304号

(2020/01/20)

【東京国際法律事務所】日本企業のクロスボーダーM&Aを支援する「日本発のグローバルファーム」

森 幹晴(代表パートナー)
山田 広毅(代表パートナー)
森 幹晴氏(左)、山田広毅氏

森 幹晴氏(左)、山田 広毅氏

 東京国際法律事務所は、2019年4月に国内外のM&Aや独禁法、紛争解決の分野で経験豊富な弁護士5人の少数精鋭体制でスタートした。その後、2人の日本人弁護士と1人の外国人弁護士を加え、20年2月時点で弁護士8人(外国人弁護士1人含む)の体制へと業容を急拡大している。

 同事務所は、日本企業の戦略課題である海外M&Aや投資、JV案件とともに、最近増加する傾向にある事業売却や事業統合に加えて、国際的な独禁法、グローバル・コンプライアンス態勢の整備、紛争解決やその予防に積極的に取り組んでいるのが特徴だ。

 「国内市場が縮小する中で、世界に打って出る日本企業をサポートできる日本の弁護士が不足しているというのが私たちの問題意識です。欧米の大手事務所に比べると、日本の法律事務所はグローバルへの対応力がまだまだ弱い。こうした危機感から、日本企業にグローバル戦略法務を提供できる『日本発のグローバルファーム』を作るというのが起ち上げの原点です」こう話すのは、東京国際法律事務所の代表パートナーを務める森幹晴氏だ。

 森氏は、02年

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

コロナ禍でアニマルスピリットを発揮するニトリホールディングス

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

NEW コロナ禍でアニマルスピリットを発揮するニトリホールディングス

マール企業価値研究グループ

【第122回】【堤智章代表取締役が語る】キーストーン・パートナースがSBIホールディングスと資本業務提携を結んだ目的

座談会・インタビュー

【第4回】 ファンドからの買収案件と表明保証保険 – 保険会社への責任転嫁に売主のモラルハザードはあるか?

スキルアップ

[【法務】Withコロナ時代のクロスボーダーM&Aの実務と新潮流(東京国際法律事務所)]

NEW 【第4回】 ファンドからの買収案件と表明保証保険 – 保険会社への責任転嫁に売主のモラルハザードはあるか?

森 幹晴(東京国際法律事務所 代表パートナー 弁護士・NY州弁護士)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム