レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aスクランブル]

(2019/10/30)

資生堂:米国市場中心に真のグローバル化に舵を切る

マール企業価値研究グループ
 業績好調を維持している資生堂だが、また新たに海外市場-特に米国市場を重視した成長戦略に挑もうとしている。同社は10月8日に約900億円をつぎ込んで米国の新進化粧品企業であるドランクエレファント(以下、DE)を買収すると発表した。買収完了は2019年12月期中となっている。同社はいわゆる化粧品のクリーン市場(成長する体や環境にやさしい天然由来成分を使用した化粧品やスキンケア商品)において若者を中心に幅広く展開している企業。19年の連結売上高は前年比+67%の約134億円が見込まれており、営業利益は2桁台と高い収益率を実現している。クリーン市場は化粧品市場全体を上回るスピードで成長しているといわれ、今後数年で年率9%成長(化粧品全体は4%程度)と試算されている。

 資生堂にとって米国企業買収は2010年以降3社目である(2010年:ベアエッセンシャル、2016年:ガーウィッチプロダクツ)。10年に買収した、これも自然派化粧品をコア製品とするベアエッセンシャル社(ブランド:ベアミネラルズ)の業績が、競争激化もあって芳しくなかったこともあり、資生堂は最近では米国での積極的な買収戦略を打ち出してこなかった。しかし、今回の買収決定の背景のひとつには業績好調で財務面での余裕ができたことがあるとみられる。実際、「...


続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

4月件数は3割減、新型コロナショック

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW 4月件数は3割減、新型コロナショック

企業はコロナ禍の消費ショックにどう立ち向かうべきか~ 今こそ顧客との「絆」を深め、応援消費を呼び込むとき

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

企業はコロナ禍の消費ショックにどう立ち向かうべきか~ 今こそ顧客との「絆」を深め、応援消費を呼び込むとき

藤原 裕之((同)センスクリエイト総合研究所 代表)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム