レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2021/04/05)

1-3月期のM&A件数最多を更新 ~再び年間4000件台へ。金額も高水準

2021年1-3月期の日本企業のM&A件数は1058件と、2020年1-3月期の989件から69件、7.0%の増加となりました。1-3月期では、これまで最多だった2019年の1024件を上回り、最多を更新しました。うち、ベンチャー企業へのM&Aは389件で前年同期の345件から12.7%増加し、M&A全体に占める割合は36.8%と前年1年間の35.7%から上昇しました。

 マーケット別内訳は、IN-IN842件、IN-OUT141件、OUT-IN75件で、IN-INとOUT-INで増加しました。IN-INとOUT-INは同期間で過去最多を記録しました。

 また、形態別内訳は、合併11件、買収363件、事業譲渡139件、資本参加502件、出資拡大43件で、こちらは全ての形態で前年同期比増加しています。

 1-2月期は591件で、前年同期の621件を4.8%下回っていましたが、3月に467件と急増し、増加に転じました。月間467件は過去最多となります。前年は新型コロナウイルス感染症拡大により緊急事態宣言が発出された4月、5月にM&A件数が大きく落ち込んだため、今後、前年対比で増加率が伸びていくことは明らかです。...

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

ベトナムの食肉業界

スキルアップ

[【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要](ワールディング)]

NEW ベトナムの食肉業界

谷口 正俊(株式会社ワールディング 代表取締役社長)

第193回 化粧品業界 ~コロナ禍を経た化粧品業界の今後の戦略

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

NEW 第193回 化粧品業界 ~コロナ禍を経た化粧品業界の今後の戦略

小林 絢子(レコフ 企画管理部)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム