M&A専門誌マール 2023年7月号 345号(2023/06/15発売)

特集: 【ベインキャピタルの担当者が語る】エビデントの成長戦略

2023年4月、ベインキャピタルがオリンパスの祖業ともいえる科学事業部門「エビデント」を約4276億円で買収した。オリンパスは2019年に企業変革プラン「Transform Olympus」を発表、収益性の高い医療事業に特化してグローバル市場で高い競争力を持つ高収益企業になることを宣言した。この変革プランに基づいて、2023年3月期までに営業利益率20%の達成を目指して消化器科、泌尿器科と呼吸器科などの内視鏡、治療機器に資源を集中するという方針を打ち出し、事業の選択を進めてきた。
2021年1月にデジタルカメラを中心とする映像事業がPEファンドの日本産業パートナーズに売却。映像事業の次に売却が検討されたのが、産業用の顕微鏡や工業用内視鏡、非破壊検査装置などを手掛ける科学事業だった。そのため、2021年12月に科学事業は「エビデント」として分社化され、22年4月から新会社としてスタートしていた。本号特集インタビューでは、エビデント買収の担当者であるベインキャピタルの末包昌司パートナーに、買収の経緯と今後の成長戦略を聞いた。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

2023年 バックナンバー

年別バックナンバー一覧

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング