M&A専門誌マール 2023年8月号 346号(2023/07/18発売)

特集: KKRが描くロジスティード(旧日立物流)の成長戦略

2023年3月、KKRは特別目的会社HTSKおよびHTSKの完全親会社で持株会社であるHTSKホールディングスを通じて約6700億円で日立物流を買収した。日立物流は4月1日に日立製作所が議決権付株式10%、残りの議決権付株式90%をKKRが握る形で「ロジスティード」に社名を変更し、新たなスタートを切った。
旧日立物流は日立製作所の物流子会社として1950年に創業。近年は3PL(サード・パーティ・ロジスティクス:物流一括受託)事業で業績を伸ばしてきており、国内3PL業界首位を誇る。現在、国内334拠点、海外では27の国/地域で474拠点を展開しており、2023年3月期の売上高は8143億1000万円となっている。
同社は、長期計画として『LOGISTEED2030』を打ち出し、2030年の目標として売上高1.5兆円、CO2(二酸化炭素)排出量(13年度比)50%削減、海外売上比率50%以上を掲げている。この長期計画実現のため、引き続き中谷康夫会長(CEO=最高経営責任者)、髙木宏明社長(COO=最高執行責任者)の2トップの下、今後はKKRのネットワークを活用して海外M&Aに積極的に打って出るという。
KKRが日立製作所グループの買収を行うのは、日立国際電気(2017年、現KOKUSAI ELECTRIC)、日立工機(同年、現工機ホールディングス)に次いで3件目となる。新生「ロジスティード」について、今後の日立製作所との連携、M&A戦略を谷田川英治 KKRジャパンのプライベート・エクイティ、パートナーと宮内秀聡 プライベート・エクイティ、プリンシパルに聞いた。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

2023年 バックナンバー

年別バックナンバー一覧

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング