レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[Webインタビュー]

(2013/02/13)

【第22回】清掃・衛生の業務用洗浄剤で国内トップシェアのディバーシー日本法人がカーライル・グループをパートナーに米国本社からMBOを決断した背景

 三隅 俊郎(ディバーシー社長)
 大塚 博行(カーライル・ジャパン・エルエルシー マネージング ディレクター)

源流は1886年創業のS.C.ジョンソン社

―― まず、ディバーシー社について説明してください。

三隅 「当社旧親会社の歴史を振り返りますと、1886年にS.C.ジョンソン社として米国ウィスコンシン州ラシーンで寄木細工の床材メーカーとしてスタートしています。1888年にお客様の声に応えて床用ワックスの販売を開始し、1962年には日本ジョンソン社が世界で18番目の関連会社として大阪に設立されました。日本ジョンソン社は主に家庭用洗剤を製造、販売する会社で、カビキラーなどの商品で現在でも親しまれています。その後、97年に米国本社は分社してジョンソンコマーシャルマーケッツ社が設立され、98年には法人向けの洗浄剤や清掃用機械などを扱うジョンソン・プロフェッショナル社が発足し、その時に家庭向け製品を扱う会社と分かれました。これに伴って、日本でもジョンソン・プロフェッショナル社を親会社として業務用製品を扱う当社が分離しました。

 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第4回】価値創造のための経営企画機能

スキルアップ

[【企業変革】価値創造経営の原則と実践(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW 【第4回】価値創造のための経営企画機能

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
柳沢 和正(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
呉 文翔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 アソシエイト・パートナー)

第164回 パンデミック下での企業経営と情報開示

M&A戦略・実務

[M&A戦略と会計・税務・財務]

NEW 第164回 パンデミック下での企業経営と情報開示

荒井 優美子(PwC税理士法人 タックス・ディレクター)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム