レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A戦略と法務]

2008年6月号 164号

(2008/05/15)

ライセンス契約とM&A

TMI総合法律事務所弁護士 淵邊 善彦

第一 技術の獲得を目的としたM&A

グローバル競争が激化する中、製造業においても業界再編型やクロスボーダーのM&Aが増加し、大企業による技術力強化のためのM&Aが注目されている。また、技術力を有する中小企業が、生き残るための選択肢として、M&Aや事業提携を戦略的に活用することも一般的になってきている(注一)。
製造業にとって研究開発戦略とライセンス戦略は車の両輪であり、知的財産に関するデューディリジェンス(以下「知財DD」という。)の調査項目として、ライセンス契約の重要性は今後ますます高まってくるものと思われる。知財推進計画二〇〇七の中にも、「知的財産を戦略的に活用する」という項目が掲げられ、その具体的施策として「ライセンス活動の円滑化」が挙げられている。
 

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

第5回 M&Aをデジタル変革のドライバーとして活用する

M&A戦略・実務

[企業変革手段としてのM&Aの新潮流]

NEW 第5回 M&Aをデジタル変革のドライバーとして活用する

堀 佳介(デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員 パートナー)
飯塚 良(デロイト トーマツ コンサルティング シニアマネジャー)
植田 敦(デロイト トーマツ コンサルティング マネジャー)

第10回 グローバルHRオペレーション

M&A戦略・実務

[ニューノーマル時代の日本企業M&Aの指針]

NEW 第10回 グローバルHRオペレーション

佐藤 智哉(マーサー ジャパン M&Aアドバイザリーサービス部門 マネージャー)

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム