レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2020/07/10)

国内最大のオープンイノベーションプラットフォーム『eiicon』がリブランドを実施、一般社団法人Japan Innovation Networkの西口尚宏代表理事が顧問に就任

左から中村 亜由子氏、西口 尚宏氏

 「eiicon」は、パーソルホールディングスのグループ企業であるパーソルイノベーションが、社内カンパニー事業として2019年4月に立ち上げたeiicon companyが運営。業務・資本提携からM&Aまで、無料で共創先を探すことができ、直接、新規事業担当者にアクセスできる国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームで、事業開始からわずか3年で、累計登録社数1万5000社を超えるまでに成長している。

 そのeiicon companyが、2020年7月11日付でリブランドを実施、新たなプラットフォーム名を「AUBA(アウバ)」、また情報発信メディア名を「TOMORUBA(トモルバ)」へとリブランドするとともに、体制強化を狙って一般社団法人Japan Innovation Network(以下「JIN」)代表理事の西口尚宏氏を顧問に招いた。

 西口氏は、上智大学経済学部卒、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院卒(MBA)。日本長期信用銀行、世界銀行グループ人事局(ワシントンDC)、マーサー社(ワールドワイドパートナー)、産業革新機構 執行役員等を経て現職。イノベーション経営を推進する経営者のコミュニティ「イノベーション100委員会」を経産省や株式会社WiLと共同運営。SDGs(持続可能な開発目標)をイノベーションの機会として捉える「SHIP(SDGs Holistic Innovation Platform)」をUNDP(国連開発計画)と共同運営しているほか、レノボ・ジャパンやNECパーソナルコンピュータの社長を務めた留目真伸氏が代表取締役パートナーを務めるSUNDREDと共同で「新産業共創スタジオ」を展開している。


▼関連記事はこちら

バックナンバー

おすすめ記事

【第4回】100日で再生企業に魂を吹き込め

スキルアップ

[【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)]

NEW 【第4回】100日で再生企業に魂を吹き込め

長瀬 裕介(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター)

【第10回(最終回)】これまでのまとめ ~ビジネスDDをどう進めるか~

スキルアップ

[【DD】M&Aを成功に導くビジネスDDの進め方(PwCアドバイザリー合同会社)]

NEW 【第10回(最終回)】これまでのまとめ ~ビジネスDDをどう進めるか~

松田 克信(PwCアドバイザリー合同会社 ディールズストラテジー&オペレーション パートナー)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム