レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2021/09/21)

令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募要領公表

 中小企業庁は2021年9月17日、令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募要領を公表した。事業承継やM&Aを契機とした経営革新やM&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者に対して、その取り組みにかかる経費の一部を補助する。

 今回の補助金は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦に要する費用を補助する「経営革新」とM&Aによる経営資源の引継ぎを支援するために、M&Aに係る専門家を活用する際の費用を補助する「専門家活用」の2種類から構成されている。

 このうち、「経営革新」については、事業承継を行う中小企業者を対象とする「経営者交代型」と事業再編・事業統合等を行う中小企業者を対象とする「M&A型」の2つの類型に応じて支援する。

類型対象となる経費補助率補助上限
経営者交代型人件費、外注費、委託費、設備費、謝金、旅費、廃業費用(廃業登記費、在庫処分費、解体費、原状回復費等)補助対象
経費の1/2以内
250万円以内
※廃業費用を活用する場合は450万円以内
M&A型500万円以内
※廃業費用を活用する場合は700万円以内
 
 「専門家活用」については、M&Aにより経営資源を他者から引継ぐ、あるいは他者に引継ぐ予定の中小企業・小規模事業者を対象に、買い手支援型と売り手支援型の2つの類型がある。

類型対象となる経費補助率補助上限
買い手支援型謝金、旅費、外注費、委託費、システム利用料補助対象
経費の1/2以内
250万円以内
売り手支援型謝金、旅費、外注費、委託費、システム利用料、廃業費用(廃業登記費、在庫処分費、解体費、原状回復費等)250万円以内
※廃業費用を活用する場合は450万円以内

 なお、申請期間は2021年9月30日(木)~10月21日(木)であり、11月下旬に交付決定、2022年3月下旬に補助金交付の予定となっている。

■ 令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募要領を公表します

バックナンバー

おすすめ記事

2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

マーケット動向

[スタートアップの資金調達・M&A]

NEW 2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

「会社補償」活用のすすめ

視点・寄稿

[視点]

NEW 「会社補償」活用のすすめ

落合 誠一(東京大学 名誉教授)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム