レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[対談・座談会]

2011年6月号 200号

(2011/05/16)

会社法見直しへの提言 --日本型コーポレート・ガバナンスの再構築

加護野 忠男 甲南大学 特別教授(神戸大学名誉教授)
宍戸 善一 一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授
司会・構成 川端久雄(マール編集委員、日本記者クラブ会員)

法務省の法制審議会会社法制部会で会社法 見直しの審議が本格化しています。今回、コーポレート・ ガバナンス(企業統治)のあり方が大きなテーマになって います。日本経済や企業の現状に対し、学者や実務家 も大きな危機感をもち、不振の原因にコーポレート・ガバ ナンスも影響しているのではないかといった問題意識が 示されています。日本のコーポレート・ガバナンス改革は、 バブル経済崩壊後、主に米国流の株主重視の視点か ら行われてきました。今回も、その延長線で社外取締役 の義務付けや、新たな委員会設置会社の提案も出てい ます。これまで日本のガバナンスの担い手だった監査役 (会)制度のあり方が大きく変わる提案もされています。 その一方で、従業員にも配慮したガバナンスの提案もみ られます。グローバル化が進み、新興国の急速な追い上 げもあるなか、日本企業が活性化し、存在感を示してい くため、相応しいコーポレート・ガバナンスをどう再構築し ていけばいいのか。本日は、経営の現場に一番密着す る経営学の碩学と、「法と経済学」で日本を代表する法 学者のお二人にM&Aの観点も絡めながらお話をいた だきます。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム