レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[編集部から]

2020年4月号 306号

(2020/03/16)

次号予告と編集後記(2020年4月号)

次号予告

2020年5月号
特集:インテグラルの佐山代表が語る「スカイマーク再生5年の歩み」
2020年4月15日発売予定 
※内容は変更されることがあります。タイトルは仮題です。

編集後記

■アクセンチュアが、2020年3月にシマンテックのサイバー・セキュリティ・サービス事業を買収します。企業ばかりでなく政府機関へのサイバー攻撃が増大する中で日本の対応は万全か。アクセンチュアの執行役員テクノロジー コンサルティング本部成長戦略統括兼セキュリティ統括の市川博久氏にWEBインタビューで聞きました。
「欧米では、ほとんどの企業がCISO(Chief Information Security Officer:最高情報セキュリティ責任者)やCSIRT(Computer Security Incident Response Team:自社内の情報セキュリティ問題を専門に扱うインシデント対応チーム)、PSIRT(Product Security Incident Response Team:自社が手がける製品やサービスに対するインシデント対応チーム)などを設置しています」と語る市川氏、1つのポイントとしてガバナンスの問題があるとしてこう続けます。
「日本企業の場合、例えばCISOを設置している企業の割合は6割程度にしかすぎません。かつその半分くらいがCIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)を兼任しています。CIOは一般的に減点方式の考え方を持っており、システムに脆弱性を作り込まず、トラブルを起こさないことが評価されます。しかし、サイバー攻撃は年々複雑化、巧妙化しています。CIOがCISOの役割を兼任した場合、双方に求められる役割が異なるため、自ずとサイバー・セキュリティの成熟度が低くなりがちです」
 中国湖北省武漢発の新型コロナ感染は、中国ばかりか韓国、日本、そして欧州にも拡大し、イタリアと共にイランが感染拠点となってきました。サイバー・セキュリティ同様、新型コロナのパンデミック対応でも政府・企業のガバナンス力が問われています。(耕)

■令和第1号の仮面ライダー「ゼロワン」が面白いことになっています。お笑い芸人を目指していた主人公、飛電或人(ひでん・あると)は、急死した祖父の遺言で人型AIロボット「ヒューマギア」を開発している飛電インテリジェンスの代表取締役に就任します。しかし、就任後にヒューマギアがハッキングで暴走し人間を襲う不祥事が繰り返し発生し、競合でメガネ型ウェアラブル端末「ザイアスペック」を開発するZAIAエンタープライズジャパンから経営の手腕を問われ、ついには敵対的TOBをかけられてしまったのです。子ども向け番組を観ていて「TOB」という単語を聞くことになるとは想像もしていなかったので、M&A情報サイトを運営している者としては思わず興奮してしまいました。利益を出さない経営者は経営者ではないと、競合社長から直々に言われてしまった2代目社長は、果たして敵対的TOBをどう乗り越えるのか。企業経営の在り方が仮面ライダーの世界でも問われています。(郁)

バックナンバー

おすすめ記事

【第4回】100日で再生企業に魂を吹き込め

スキルアップ

[【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)]

NEW 【第4回】100日で再生企業に魂を吹き込め

長瀬 裕介(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター)

(最終回) 林要GROOVE X 代表取締役

座談会・インタビュー

[連載対談 THE GREAT INNOVATORS ―― 原田泳幸と未来を牽引するイノベーターたち]

NEW (最終回) 林要GROOVE X 代表取締役

原田 泳幸(ゴンチャジャパン 代表取締役会長兼社長兼CEO、原田泳幸事務所代表取締役)
林 要(GROOVE X 代表取締役)
久保田 朋彦(GCAテクノベーション 代表取締役)(司会)

【第119回】コロナ禍の中堅・中小企業への資本注入プロセスについて

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第119回】コロナ禍の中堅・中小企業への資本注入プロセスについて

安東 泰志(ニューホライズン キャピタル 代表取締役会長)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム