[M&Aの現場から]

2024年2月号 352号

(2024/01/15)

【ビヨンドアーチパートナーズ】 「M&A力」、「事業再生力」の向上を支援するアドバイザリー会社

光澤 利幸(代表取締役社長)
  • A,B,C,EXコース
光澤利幸氏

光澤利幸氏

 ビヨンドアーチパートナーズは、2023年8月設立されたM&A、事業再生などを支援するアドバイザリー会社。

 光澤氏は、1993年日商岩井(現双日)に入社。法務部及び審査部に所属、1998年からはニューヨークに勤務。2001年PwCアドバイザリー転じ、M&Aアドバイザリーや事業再生アドバイザリー、また、当時日本初となる金融機関主導の大型プライベート・エクイティ・ファンドの組成に複数関与。その後、2003年ラザード フレールで国内外の企業のリストラクチャリングアドバイザリー業務やM&Aアドバイザリー業務、金融機関の資産売却アドバイザリー業務等に従事。2006年にGCA(現フーリハン・ローキー)に入社し、2011年マネージングディレクター就任。2012年フロンティア・マネジメントに参画し、専務執行役員就任、国内業界再編、クロスボーダーM&A、事業再生、買収防衛等を多数実施し、2023年当社を設立した。

 20年超のM&A・事業再生アドバイザリー歴を持ち、これまで携わった案件は300件以上にのぼる。

 ビヨンドアーチパートナーズは、以下の6つのサービスラインアップを行っている。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング