[M&A用語]

マジョリティ・オブ・マイノリティ

英語 :Majority of Minority

略称 :MoM

M&Aにおいて会社の支配権の割合を表す用語の一つであり、マジョリティ・オブ・マイノリティとは、マイノリティ(少数派)の中の過半数を意味する。

M&Aにおいては、MBOなどの特に少数株主の利害が損なわれる恐れがある取引において、マジョリティ・オブ・マイノリティを満たすことを案件の成立条件とするものがある。

株式非公開化となる上場会社のMBO案件において、公正性を担保する措置の一つとして、利害関係を有する大株主を除いた少数株主の中で、少なくとも過半数の応募を当該TOBの成立条件とする案件がみられる。

用語カテゴリー:

更新日:2022年06月28日

関連記事

キーワードを入力して探す

カテゴリーで探す

五十音順で探す

※追加や必要な用語がございましたら、こちらまでご連絡ください。弊社で検討の上、反映させていただきます。