• ホーム
  • マールレポート ~企業ケーススタディ~

M&A専門誌マール

2017年1月号 267号 : マールレポート ~企業ケーススタディ~

長谷川HD - 東証上場を目指して英系ファンドCVCと組んだ長谷川芳博社長の決断 有料記事です

20年で5つの事業を立ち上げる

長谷川 芳博(長谷川ホールディングス 代表取締役社長)  ハウスクリーニングの「おそうじ本舗」などのフランチャイズビジネスサービス事業をはじめ、子育て支援サービス事業、介護サービス事業などを展開する、長谷川ホールディングス(長谷川HD)の長谷川芳博社長および他主要株主が、2016年9月、世界最大規模のファンドである英国のCVC Capital Partners(CVC)に、保有する株式の過半を譲渡した。買収額は未公開。

  CVCは1981年にシティグループの関連会社として設立され、93年に独立。99年に、CVCアジア・パシフィックを香港に設立、03年日本にシーヴィーシー・アジア・パシフィック・ジャパン(CVCジャパン)を設立した。グローバルに総額612億ドル(約7兆円)を運用、300社を超える投資実績を持っており、日本では、SBIホールディングスからの信和(建築用足場メーカー)株式買収、テクノプロ(技術系総合人材サービス企業)グループのMBOのほか、すかいらーく、タワーレコード、ミスター・ミニットなどへの投資実績がある。(CVCの対日投資戦略については、CVCジャパンの赤池敦史社長の囲み記事を参照)

  長谷川HDは、1997年の創業。「家族とくらしを支える」をスローガンに、「おそうじ本舗」をはじめ、「マイ暮らす」(家庭の簡易清掃・家事代行)、「マイスターコーティング」(フローリングや水まわりのハウスコーティング)、「靴専科」(革靴、バッグなど革製品のクリーニング・修理)、「お直し職人」(洋服の直し)、「KEiROW」(訪問医療マッサージ)のフランチャイズ事業を展開している他、「イリーゼ」ブランドで100カ所以上の介護サービス事業(老人ホーム・デイサービス・グループホーム・ショートステイ)を展開。また、子育て支援サービス事業として、「太陽の子」「わらべうた」ブランドで70カ所以上の保育事業(保育所・病児保育・ベビーシッティング)を展開している。さらに、医療・介護・看護の人材サービス事業、給食・社員食堂などのフードサービス事業へと事業分野を拡大し、積極的な経営姿勢で注目されている。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です
*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

会員の方はログインして下さい。
その他の方は、「NEXT[新規登録]」からお申込下さい。

  • LOGIN
タグ
企業研究 , 対日投資 , 投資ファンド , M&Aプレイヤー , 池田耕造

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
[ PR ]
■PR|東京建物アメニティサポート
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop