レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A戦略と法務]

2015年10月号 252号

(2015/09/15)

M&Aを成功させる(現地法人のDDとガバナンスのあり方)

 中川 秀宣(TMI総合法律事務所 弁護士)

1.M&Aでは必然的に将来収益を現状よりも改善する必要に迫られる

  M&Aでは対象会社/対象事業の売買価格は売手と買手との交渉において決定されるため、その時点における経済情勢といった環境に左右される。そして、昨今は先進国での金融緩和の流れから売手市場である。売手の立場から何故この時点で売るかを考えた場合、会社が経済的に行き詰っているためにスポンサーを探す必要があって売却に走っているというケースよりは、売手が会社/事業は今が売り時であると考えて換金を急いでいるケースが増えていると推測される。後者の場合、会社/事業の収益性の伸びを考えるよりも、現時点でより多くのプレミアムを上乗せして売却できると売手は考えていることを意味する。結果的に、買手は、そもそも論として、通常のバリュエーションでの価格により多くのプレミアムを乗せた、高値掴みのリスクに晒されている状況にある。それでも、買手は事業拡大等の目的でプレミアムを払いM&Aを行うわけだが、買手は、将来収益にプレミアムを払う以上、買った時点で将来収益を現状よりも改善する必要に迫られることになる。そのため、多くの場合、M&Aを企画する段階から、対象会社/対象事業の収益の源泉の分析だけでなく、その維持と改善の方策建てを迫られる。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事





M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ
M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム