レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2021/01/15)

2020年の敵対的TOB、公開買付代理人と対象会社のリーガルアドバイザー一覧

 2020年のTOB案件は57件で2019年の48件から18.8%の増加となりました。

 うち、敵対的TOBは5件ありました(図表1)。公開買付者の内訳は事業会社が2件、投資ファンドが3件で、事業会社が仕掛けた敵対的TOBはいずれも成立しました。他方、投資ファンドが仕掛けた敵対的TOBは3件のうち2件が不成立に終わりました。投資業のストラテジックキャピタル(東京)が運営するサンシャインH号投資事業組合(同)を通じて実施した京阪神ビルディングへの敵対的TOBは1月12日をもって終了しましたが、応募株式総数が下限に達しませんでした。残り1件はウプシロン投資事業有限責任組合による澤田ホールディングスへの敵対的TOBですが、買付期間を24回延長(228営業日)し、2021年1月28日まで買付継続中です。


 公開買付代理人と対象会社のリーガルアドバイザーは『レコフM&Aデータベース』で抽出することができます。

 5件の公開買付代理人と対象会社のリーガルアドバイザーを一覧で出してみると...

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

関連記事

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

【第121回】三田証券と業務提携してTOB代理人業務に参入した理由

清明 祐子(マネックス証券 代表取締役社長)

バックナンバー

おすすめ記事

加熱する「M&Aマッチングプラットフォーム」市場

速報・トピックス

第193回 化粧品業界 ~コロナ禍を経た化粧品業界の今後の戦略

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

NEW 第193回 化粧品業界 ~コロナ禍を経た化粧品業界の今後の戦略

小林 絢子(レコフ 企画管理部)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム