レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

公開買付け
英語:Takeover Bid, Tender Offer
略称:TOB, TO
公開買付けとは、「不特定かつ多数の者に対し、公告により株券等の買付け等の申込み又は売付け等の申込みの勧誘を行い、取引所金融商品市場外で株券等の買付け等を行うこと」(1)をいう。

M&Aにおいては、会社の支配権に影響を与えるような一定の証券取引について公開買付けを義務付けている。これは公開買付制度が、「会社支配権に影響を与えるような取引等が行われる場合に、投資者に予め情報開示を行うとともに、株主に平等に株券等の売却の機会を与える」(2)ことを目的としているためである。
(1) 金融商品取引法27条の2第6項
(2) 金融庁金融審議会金融分科会第一部会「公開買付制度等ワーキング・グループ報告(案)~公開買付制度等のあり方について(2005年12月21日)」 p.1

関連記事

企業研究

2018年3月号 281号

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

ベインキャピタルの担当者が明かす「アサツーディ・ケイTOBの経緯と今後」

座談会・インタビュー

2016年5月号 259号

[対談・座談会]

[座談会]日本のガバナンス改革の進展と戦略的企業買収の行方――王子製紙事件から10年、提案型TOBはどうなるのか

 田中 亘(東京大学 教授)
 ニコラス・ベネシュ(公益社団法人役員育成機構 代表理事、在日米国商工会議所成長戦略タスクフォース 委員長)
 川村 尚永(経済産業省 経済産業政策局 産業組織課長)
 司会・編集 川端 久雄(編集委員、日本記者クラブ会員)

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム