レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2021/06/11)

中小企業の事業承継・引継ぎ支援に向け、中小企業庁と日弁連が連携拡充

 中小企業庁と日本弁護士連合会(以下日弁連)は2021年6月9日、中小企業の事業承継・引継ぎに対する支援で連携を拡充し対応を進めるとして、共同コミュニケを策定した。

 これまで、中小企業庁は、全国48か所の事業承継・引継ぎ支援センターにおいて、士業等専門家による中小M&Aの個別案件へのスポット支援を行ってきた。また、日弁連も中小企業の事業承継について専門部署を設け、会員に対するM&A研修講座の提供や弁護士会と経営支援団体・公的機関との連携の機会創出に努めてきた。

 今回の共同コミュニケでは、中小M&Aにおける連携強化として、地方の小規模・超小規模M&Aについても弁護士による必要な支援を充実させるとしている。また、中小M&Aが目標通りの成果を上げることができず、転廃業を余儀なくされる場合でも、経営資源引継ぎ支援へと切れ目なくつなぐことができるよう連携を強化する。

 このため、事業承継・引継ぎ支援センターと弁護士会の連携強化に向けて、地域の実情に応じて弁護士の紹介やお互いの人材育成等を行う組織的な取組を2021年度中に開始する。

 その上で、継続的に取組の内容・効果の確認・検証等を行いつつ、2025年度までを目途に、全国規模での連携強化を目指すとしている。


■ 中小企業庁 中小企業の事業承継・引継ぎ支援に向けた中小企業庁と日本弁護士連合会の連携の拡充について(共同コミュニケの策定)

バックナンバー

おすすめ記事

第5回 M&Aをデジタル変革のドライバーとして活用する

M&A戦略・実務

[企業変革手段としてのM&Aの新潮流]

NEW 第5回 M&Aをデジタル変革のドライバーとして活用する

堀 佳介(デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員 パートナー)
飯塚 良(デロイト トーマツ コンサルティング シニアマネジャー)
植田 敦(デロイト トーマツ コンサルティング マネジャー)

イノベーション創出につながるM&A

視点・寄稿

[視点]

NEW イノベーション創出につながるM&A

大井 悠紀(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)

M&A支援機関の登録制度、登録状況の中間結果を公表

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム