レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2021/06/30)

カーライル・グループ、シニア・アドバイザーに鷹野志穂氏就任

 カーライル・ジャパンのシニア・アドバイザーに、鷹野志穂氏が7月1日付で就任する。鷹野氏は消費財・小売業界における30年以上の経験を生かし、同業界におけるカーライルの新たな投資機会の発掘や評価を含めた投資活動全般について助言を行う予定。

 カーライル・ジャパンは、日本における中核産業分野の投資先企業を支援するシニア・アドバイザーとオペレーティング・エグゼクティブのチームを擁している。今回の鷹野氏の就任により同チームは 10人体制となり、今後も拡大していく予定だ。

 鷹野氏は、ロクシタンジャポン株式会社で2004年~15年に代表取締役社長、15年~16年に代表取締役会長を務めるなど数々の要職を歴任。同氏のリーダーシップのもと、01年に5店舗だった直営店は、17年には100店舗以上に拡大し、年間売上高は300億円規模に成長した。それ以前はブーツ、コカ・コーラ、イヴ・サンローラン・パルファン、明治乳業(現・株式会社明治)など、グローバルおよび日本の大手消費財企業に在職し、幅広い業務に従事していた。

 米カーライル・グループは、グローバルに展開する投資会社で「グローバル・プライベート・エクイティ」「グローバル・クレジット」「インベストメント・ソリューションズ」の3つの分野で投資活動を展開している。2021年3月末時点の運用資産は総額2600億ドル。現在、世界5大陸の29拠点に1800人以上の社員を擁している。


バックナンバー

おすすめ記事

「会社補償」活用のすすめ

視点・寄稿

[視点]

NEW 「会社補償」活用のすすめ

落合 誠一(東京大学 名誉教授)

9月は356件 MUFG、米地銀のリテール部門を売却

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW 9月は356件 MUFG、米地銀のリテール部門を売却

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム