レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2021/08/13)

事業承継・引継ぎ支援センター、M&Aの実務経験者の募集を開始

 事業承継・引継ぎ支援センターにおいて、M&A案件の成約促進や業務の効率化等を図り、事業の一層の活性化を促すため、M&A実務経験者の出向を民間企業等から受け入れる全国公募を開始した。応募期間は9月3日までとなる。

 応募資格は、M&Aに関し、フィナンシャルアドバイザーや仲介の実務経験が3年以上ある人材や金融又は税務、法務等に関する専門的な知識を有し、実務経験が3年以上ある人材を出向させることができる法人。最大6法人程度を募集し、各法人から1名の出向が想定されている。

 出向期間は、10月から2022年3月のうち3カ月~6カ月間で、土日を除く週2日以上の勤務となる。業務内容は、M&Aの相談対応、データベース等も活用したマッチング業務、同センター担当者等へのM&Aに関する実務面のアドバイス等を行う。なお、勤務地は、岩手県、新潟県、東京都多摩地区、神奈川県、福井県、大分県が挙げられている。選考方法は、書類選考、面談にて行われる。

なお、今回の取組は、中小企業庁が今年4月28日に中小M&Aを推進するため今後5年間に実施すべき官民の取組を取りまとめた「中小M&A推進計画」に基づくものとなる。

■ 中小企業庁 事業承継・引継ぎセンターにおいてM&Aの実務経験を有する人材等の全国公募を開始します

関連記事

座談会・インタビュー

2021年06月01日(火)

[Webインタビュー]

【第128回】M&A支援機関に登録制度を導入する理由 ~担当課長が語る、今後5年間に官民で取り組むべき『中小M&A推進計画』とは

日原 正視(経済産業省中小企業庁 事業環境部 財務課長)

バックナンバー

おすすめ記事

見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

藤原 裕之((同)センスクリエイト総合研究所 代表)

M&A支援機関の登録制度、登録状況の最終結果を公表

速報・トピックス

9月は356件 MUFG、米地銀のリテール部門を売却

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW 9月は356件 MUFG、米地銀のリテール部門を売却

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム