レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2021/08/24)

経済産業省・中小企業庁、M&A支援機関の登録制度の申請受付を開始

 経済産業省・中小企業庁は2021年8月24日、M&A支援機関に係る登録制度の申請受付を開始した。中小企業庁では、中小企業のM&Aを推進するため今後5年間に実施すべき官民の取組を「中小M&A推進計画」として今年4月28日に取りまとめており、今回の登録制度はこれに基づく施策。

 同推進計画では、中小M&Aの支援機関に対する信頼感醸成が課題の一つとして掲げられており、対応策として、「事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用型)」において、M&A支援機関の登録制度を創設し、予め登録された機関が提供する支援に係る費用のみを補助対象とすることとしていた。

 登録制度の対象は、フィナンシャルアドバイザー(FA)業務または仲介業務を行うM&A支援機関が対象となる。
登録の申請は、M&A支援機関登録事務局ホームページに開設した申請フォームから申請が可能だ。申請フォームは法人用と個人事業主用の二つに分かれており、「申請者の基本情報」として、社名や代表者・事業主の氏名、所在地等の基本的な事項のほか、M&A支援機関の種類や業務の提供都道府県等の「M&A支援業務に関する事項」を登録する。

 また、「中小M&Aガイドライン遵守宣誓」として、中小M&Aガイドラインの行動指針や趣旨に則った対応の遵守についてチェックを付ける項目も設けられている。

 このほか、「提出書類」として事業概要、料金表、履歴事項全部証明書/住民票の添付が求められている。

 なお、登録申請期間は2021年8月24日~9月21日までの約1カ月間で、9月6日までに申請のあったものは第1回公表として9月上中旬に登録事業者が公表される。その後、9月21日までに申請のあったものについては、第2回公表として9月下旬に公表される予定。今後も、補助金事業に関連する形で登録申請の受付を行う予定であり、今回登録できなかった場合であっても、次回以降に登録申請を行うことは可能となっている。


■ 経済産業省 M&A支援機関に係る登録制度の申請受付を開始します

■ 中小企業庁 M&A支援機関に係る登録制度の申請受付開始について

関連記事

座談会・インタビュー

2021年06月01日(火)

[Webインタビュー]

【第128回】M&A支援機関に登録制度を導入する理由 ~担当課長が語る、今後5年間に官民で取り組むべき『中小M&A推進計画』とは

日原 正視(経済産業省中小企業庁 事業環境部 財務課長)

バックナンバー

おすすめ記事

2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

マーケット動向

[スタートアップの資金調達・M&A]

NEW 2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

ベトナムの鉄道業界

スキルアップ

[【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要](ワールディング)]

NEW ベトナムの鉄道業界

谷口 正俊(株式会社ワールディング 代表取締役社長)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム