レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[【DD】M&Aを成功に導くビジネスDDの進め方(PwCアドバイザリー合同会社)]

(2020/08/05)

【第10回(最終回)】これまでのまとめ ~ビジネスDDをどう進めるか~

松田 克信(PwCアドバイザリー合同会社 ディールズストラテジー&オペレーション パートナー)
はじめに

 これまで第1回から第9回までビジネスDDについて、基本的な考え方や具体的な実施内容、最近のトレンドなどを解説してきました。今回は最終回ということで、これまでの解説を念頭に、今後、ビジネスDDをどう進めていくべきなのかについて考えてみたいと思います。

 第8回第9回でも触れたように企業を取り巻く事業環境が様々な面で変わってきており、それに伴い、企業が提供する価値にも変化がもとめられてきています。M&AやビジネスDDについても例外ではありません。改めてビジネスDDにおける肝を振り返りながら、新しいビジネスDD(もしかしたら、ビジネスDDという名称すら変化するかもしれません)についてこのシリーズの総まとめとして考察をしていければと思います。

(1)ビジネスDDにおける肝の振り返り ~基本として押さえておくべきもの~

 第1回から第9回の解説を踏まえると、ビジネスDDにおいて実施すべき事項は、大きく以下の5点に集約されると言えます。

対象企業/対象事業とのM&Aの目的を明確にする
コマーシャルとオペレーションの両面から、対象企業/対象事業の競争力の源泉を明確にし、その競争力の持続性を確認する
事業計画は現在と将来の外部環境および内部環境を踏まえ、蓋然性の高いものかを確認する
スタンドアローンでの事業計画の検証に加えて、M&A後に期待するシナジーを明確にする
PMIを意識し100日プランに盛り込むアクションを明確にする

 この5点を事業環境変化による視点も加味した上で、ビジネスDDを実施することが必要です。そのためには、「データや情報を正しく分析するロジック力」「業界や事業に関する深い理解」「M&A後を想像する力」が必要になります。「データや情報を正しく分析するロジック力」は主に②や③について重要となります。「業界や事業に関する深い理解」は①~⑤のすべてにおいて基礎となる要素として必要となりますが、時にはニッチな事業でのビジネスDDなどで、なかなかコンサルタントやアドバイザーとして十分な理解が備わっていない場合があります。その場合は、技術系コンサルタントや業界有識者との協業/インタビューなどを積極的に行うべきでしょう。「M&A後を想像する力」は特に④や⑤について重要な意味を持ちます(もちろん①~③でも重要となります)。ともすると、現状をベースにM&Aの是非を議論しがちですが、M&Aはゴールではなくスタートです。さらにいうなれば、M&Aのコストを考えるとマイナスからのスタートとなる場合もあります。したがって、将来的にどう自社/事業の価値を高めていくかを想像する力が必要となります。不確実な事業環境が続く中、その能力は今後さらに重要になっていくでしょう。

 また、ここでセカンドDDについても触れておきたいと思います。上記のような肝を押さえたDDを実施したとしても、事業環境が大きく変化した場合に、改めてDDをPMIの段階やM&A後しばらくたってから行うことがあります。これは企業価値の算定という視点よりも、事業環境の変化による影響を明確にし、どのようにしてM&Aの効果を最大化していくかという視点になります(もちろん、ビジネスDD実施時に抜け漏れがあった場合にも行うべきです)。その実施に際しては、対象企業/対象事業側の納得感を得ることが重要になります。追加でのDDの実施は、ともすると、粗さがしのように受け止められかねないためです。セカンドDD実施の必要性を明確に示し、対象企業/対象事業の主要メンバーからの協力を得られるようにすべきです。...

■筆者履歴

松田 克信(まつだ かつのぶ)
15年以上のコンサルティング経験を有し、化学、消費財、金融、自動車、ライフサイエンス、不動産、SIer、半導体、運輸など、様々な業界のクライアント企業に対して、ビジネスデューデリジェンス、M&A戦略策定、成長戦略策定、新規事業立案、事業構造改革、経営管理強化などのプロジェクトを実施。コンサルティング業界に入る以前には、メガバンクでの不良債権管理・処理や法人融資経験も有する。また、近年、ビジネスにおけるサステナビリティの実現などもテーマにしたコンサルティング業務もリード。財務、事業、経営の3つの視点からの企業価値向上支援を強みとし、PwCアドバイザリー合同会社のディールズストラテジー&オペレーションチームの中心メンバーとして活動。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

米国市場攻略に向けて事業規模拡大を加速させるセブン&アイ・ホールディングス

速報・トピックス

ASEAN諸国におけるM&A市場の動向とコロナ禍の影響

視点・寄稿

[寄稿・寄稿フォーラム]

ASEAN諸国におけるM&A市場の動向とコロナ禍の影響

吉岡 雅博(KPMGシンガポール事務所パートナー)
西嶌 宏之(KPMG FASパートナー)

<新連載>【第1回】 総論:日本企業によるクロスボーダーM&Aの実務の諸課題と新潮流

スキルアップ

[【法務】Withコロナ時代のクロスボーダーM&Aの実務と新潮流]

NEW <新連載>【第1回】 総論:日本企業によるクロスボーダーM&Aの実務の諸課題と新潮流

森 幹晴(東京国際法律事務所 代表パートナー 弁護士・NY州弁護士)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム