レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[【IR戦略】海外M&Aを成功に導くためのコミュニケーション戦略(アシュトン・コンサルティング)]

(2020/05/20)

【第4回(最終回)】クロスボーダーM&AにおけるPR(コミュニケーション)のケーススタディ

ダン・アンダーウッド(アシュトン・コンサルティング 最高経営責任者)
 M&Aを成功に導くには、M&Aに関わる各分野の担当者がいかにスムーズに連携・調整してコミュニケーション活動を立案・実行していけるかが鍵となります。広報(PR)担当者だけでなく、経営企画室などのM&Aに関わる部署や、外部のアドバイザーの関与も不可欠です。

 特にクロスボーダーM&Aにおいては、いかに海外ステークホルダーとコミュニケーションを図るかが重要になってくるため、現地の事情や各国の文化の違いなどに精通したアドバイザーが果たす役割は少なくありません。

 日本を拠点にクロスボーダー・コミュニケーションを専門とする弊社が関わってきたクロスボーダーM&A案件の事例の一部をご紹介します。

■ A社:短期間でのM&A発表と準備

 海外企業の買収にあたって、どのようなコミュニケーションを展開すべきか。それまでにそのような経験のない企業の場合、何から手を付けていいのか分からない、ということがあるかと思います。

 コミュニケーションに関する準備期間が数カ月など長い場合には、様々な活動を計画し準備することができますが、短い場合には目的と課題を見極め、優先度をつけて、コアとなる活動を絞り、実行に取り組むことが重要です。特にクロスボーダーM&A案件の場合は、時差のある中で複数言語でのやり取りが必要となってくるため、時間が非常にクリティカルになってきます。

案件概要:
 A社は、国内では買収によって成長を遂げていましたが、さらなる成長へ向け、同社として初めて海外企業を買収することとなりました。A社には広報担当者はいるものの、海外での広報(PR/コミュニケーション)活動の経験がなかったため、現地でのコミュニケーション活動をどのようにすべきか、ゼロからサポートしてほしいという依頼を受けました。案件の受託から実行(対外的な案件発表)までは、数週間というタイトなスケジュールでしたが、弊社は、現地を拠点とする提携PR代理店にサポートを依頼し、本案件に取り組みました。

課題:
A社は、対象企業が拠点を置く国での知名度が低かったため、対象企業の従業員に対し、直接・間接的に、買収によるシナジーをいかに理解してもらうかということが最重要課題でした。また、A社の独自の企業文化は多分に日本的で、従業員向けメッセージも概念的かつ日本的な要素を含んでいたため、単純な英訳では、A社の意図するメッセージが対象企業の従業員にきちんと伝わらないという懸念がありました。

対応:
 課題を基に検討した結果、PMIを見据えながら発表時点では、①本件買収に関して好意的な記事露出を国内外で獲得、②現地では、対象企業の従業員と直接コミュニケーションし、友好的な姿勢をアピールすること――に注力することとしました。そのために、a) 国内外で、同じタイミ…


■筆者履歴


ダン・アンダーウッド(Dan Underwood 最高経営責任者)
ウェリントン・スクール・オブ・ジャーナリズムならびにオタゴ・スクール・オブ・フィジオセラピーを卒業。オタゴ大学より物理療法免許取得。1998年日本に拠点を置くまでの7年間はフリージャーナリストとして、ニュージーランドとオーストラリアの媒体向けに幅広く執筆活動を行う。2002年に共同出資パートナーとしてアシュトン・コンサルティングの経営に参画。ジョン・サンリーと共に、多様な顧客基盤、バイリンガルな企業文化、そして幅広い知見を有する日本有数のクロスボーダーのPR企業へと牽引。日本語に堪能で、多岐に渡る業界の顧客にアドバイスを提供する中、特にM&Aコミュニケーション危機管理対応のチーム統括に加え、メディアトレーニングや幹部向けスピーチトレーニングを行っている。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

2020年1-6月の日本企業のM&A動向

マーケット動向

[M&A四半期レポート]

NEW 2020年1-6月の日本企業のM&A動向

【第2回】事業再生の最初の一歩~事業再生計画の策定~

スキルアップ

[【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)]

NEW 【第2回】事業再生の最初の一歩~事業再生計画の策定~

長瀬 裕介(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター)

金融事業をコアに成長路線を追求するソニーグループ

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

NEW 金融事業をコアに成長路線を追求するソニーグループ

マール企業価値研究グループ

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム