レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要](ワールディング)]

(2017/04/06)

ベトナムの航空業界

 谷口 正俊(株式会社ワールディング 代表取締役社長)

 2月28日、ベトナム国内2位の格安航空会社(LCC)ベトジェットエア(Vietjet Air)がホーチミン証券取引所(HOSE)に上場した。圧倒的な低価格とユニークなサービスで人気を得たベトジェットは、上場1週間後の3月6日、7日の2日間、時価総額が、公式株式店頭市場UPCoMに上場している国内最大手のナショナルフラッグキャリア、ベトナム航空総公社(Vietnam Airlines)を超えた(6日の時価総額はベトジェット約2,050億円、ベトナム航空約1,936億円)。2016年の国内線のシェアは41.5%で、42.5%のベトナム航空に肉薄しており、年内にもベトジェットがトップになるとみられている。売上全体を見ても、ベトジェット2013年売上高は約190億円(ベトナム航空の5.5%)だったが、2015年には約990億円(同30%)まで伸びている。ベトジェットで特筆すべきは、売上高の44%を占める機材売却である。他社の追随を許さない規模で機材を購入することによりコストを抑えた上で、機材リース会社へ売却をおこない利益を確保している。

 同社のグエン ティ フォン タオCEOは、米経済誌フォーブスが3月20日に発表した2017年版の世界長者番付にランクインしたベトナム人の2人のうちの1人であり(もう1人は不動産開発大手ビングループ<Vingroup>のファム ニャット ブオン会長)、今後はタイ、ミャンマー、台湾、中国、シンガポール、韓国を中心に、国際線にも力を入れていくと公言している。

 とはいえ、ベトナム航空も業績が芳しくないわけではない。アジア太平洋航空研究所(CAPA)の統計によれば、2016年のベトナム航空の旅客輸送量は、マレーシアのLCCエアアジア(Air Asia)、インドネシアのLCCライオン・エア(Lion Air)、インドネシア のガルーダ・インドネシア航空(Garuda Indonesia)に次いで東南アジア地域4位である。また、ベトナム航空の直近数年間の旅客輸送量の伸び率は2桁を維持しており、2016年の売上は約3,800億円と、年間計画を7%上回って過去最高を記録している。日本のANAグループは2016年7月にベトナム航空株式の約8.8%(約117円相当)を取得し、業務・資本提携をおこなっている。

 現在、ベトナムだけでなくASEAN全体で国際線の利用が伸びている。ASEAN経済共同体(AEC) の発足による域内航空市場の活性化が要因である。航空自由化協定はインドネシア・フィリピンが批准を見送り実現していないが、現在、自国から他のASEAN諸国の都市へのビザ無しでの移動が可能となっていることが大きい(フィリピンはマニラ以外、インドネシアはジャカルタのみに限定)。完全な単一航空市場がAEC内でつくられると見込んで、eコマース(EC)企業や物流企業の参入が相次いでおり、中国EC大手アリババやアメリカEC大手Amazon、ドイツの物流大手DHL、アメリカ物流大手フェデックスといった外国企業がシンガポールを拠点としてAECへの参入を進めている。

 今後より一層、ASEANの航空市場の動向が注目されていくと予想される。

株式会社ワールディング
 

株式会社ワールディング
TEL:03-5361-6455

■筆者プロフィール
谷口正俊(たにぐち まさとし)
1973年イタリア・ローマ生まれ。
早稲田大学商学部卒業後、(株)ベネッセコーポレーション入社。
同社退社後、2000年7月「教育を通じてより良い世の中へ」と、教育関連企業(株)ウィル・シードを共同創業、代表取締役副社長就任。大手企業400社の人財育成支援及び、全国の小中学校に新しいタイプの体感型教育プログラムを提供。
同社副社長を退任後、2006年6月、(株)アクティブリッジの設立に参加。
7年に亘るベトナム事業展開の後、2013年3月、(株)ワールディングを設立。
日系企業のベトナム進出支援、ベトナム人材採用・育成事業を展開中。
日本とベトナムを往復する日々を送っている。


バックナンバー

おすすめ記事

事業環境急変で、今改めて整理したい「事業再生」

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

NEW 事業環境急変で、今改めて整理したい「事業再生」

マール企業価値研究グループ

ぺんてる争奪戦にみる文具市場の変化 ~ 文具業界は「意味の市場」を巡る戦いへ

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

ぺんてる争奪戦にみる文具市場の変化 ~ 文具業界は「意味の市場」を巡る戦いへ

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

NTT、東京センチュリーと資本業務提携

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW NTT、東京センチュリーと資本業務提携

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム