レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aスクランブル]

(2019/04/15)

【M&Aデータ】廣済堂のMBOによる非上場化に対し、レノが対抗TOB [2019/04/15更新]

レコフM&Aデータベースより)

[2019/01/18]
廣済堂の土井常由社長は、米投資ファンドのベインキャピタルと共同で、廣済堂をMBOにより買収する。完全子会社化し、非上場化を目指す。ベインキャピタルが投資助言を行うファンドが100%出資するBCJ-33(東京)が全額出資で設立したBCJ-34(同)を通じてTOBを実施する。これに先立ち、土井氏から100株取得した。廣済堂の取締役会は賛同している。澤田ホールディングスは12.4%を応募する。買付予定数は2491万3439株(買付け等後の所有割合100%)。1660万9000株(同66.67%)を下限とする。発行済株式数から…

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回】より遠い将来に発生する予想キャッシュフローの現在価値計算と成長型永久債の現在価値の公式

スキルアップ

[「M&A基礎講座」 事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門]

NEW 【第3回】より遠い将来に発生する予想キャッシュフローの現在価値計算と成長型永久債の現在価値の公式

鈴木 一功(早稲田大学大学院 経営管理研究科<早稲田大学ビジネススクール>教授)

日本電産<6594>、オムロン<6645>の車載電装部品製造子会社を約1000億円で買収

速報・トピックス

日本で第三者機関認定のMBA資格を取得するには

その他

[PR]

日本で第三者機関認定のMBA資格を取得するには

喜多 元宏(株式会社エグゼクティブ・ジャパン 代表取締役)


M&A専門誌 マール最新号

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム