レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

外国投資リスク審査現代化法(FIRRMA)
英語:Foreign Investment Risk Review Modernization Act
外国投資リスク審査現代化法(FIRRMA)とは、米国の対内投資を審査する委員会であるCFIUS(対米外国投資委員会)の権限を強化するために2018年に制定された法律。支配を及ぼさない一定の投資行為や、一定の不動産の取得行為についても、CFIUSが審査を行う旨の規定が設けられた。


最終更新日 2020/6/1

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム