レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A専門誌マール 2019年12月号 302号(2019/11/15発売)

特集:
M&A関連法制と実務の最新動向[2019年版]

本特集座談会では、弁護士・武井一浩氏の司会・進行のもと、ヘッジファンド・アクティビズムに詳しい弁護士の石﨑泰哲氏、明治大学教授 三和裕美子氏、成城大学教授 山田剛志氏にお集まりいただき、「2019年の企業法制の振り返りと論点」と題して議論いただいた。
19年は、M&A実務に大きな影響を及ぼすMBO指針(07年)の改訂版「公正なM&Aの在り方に関する指針」や親子上場の在り方を含む「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」の公表、スチュワードシップ・コードの改定作業の開始など、ソフトローの分野で大きな動きがあり(第1部)、買収防衛策に関する重要な判例(ヨロズ事件東京高裁決定)(第3部)も注目されたが、中でも目立ったのがヘッジファンド・アクティビズムの活発化だろう(第2部)。本座談会では、特に、ヘッジファンド・アクティビズムに焦点を絞り、欧米における状況や議論をフォローしつつ、日本における課題について議論いただいた。
19年8月、米ビジネス・ラウンドテーブルは「コーポレート・ガバナンスに関する声明」に明記していた「株主第一主義」を22年ぶりに修正し、「顧客」「従業員」「取引先」「社会」「株主」といった幅広いステークホルダーに配慮するとした。超一流の米大企業のCEO181人が署名しており、米企業にとっては大きなパラダイムシフトともみられる。そしてその背景に、アクティビストファンドなどの過激な圧力、ショートターミズムの弊害が指摘される。欧州では、ショートターミズムに対する様々な抑制策が早くから講じられてきており、米国でも、格差拡大や社会の分断といった観点も含め大きな課題となってきたことは間違いないだろう。他方、日本では、ガバナンス改革の流れの中で、アクトビストによる提案・対話を経営改革や企業価値向上に繋がるものとして期待する見方もある。ヘッジファンド・アクティビズム本格上陸の19年。いかに対応していくか。先に洗礼を受けた欧米の動向から目が離せない。

【出席者】
石﨑 泰哲(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)
三和 裕美子(明治大学 商学研究科 教授)
山田 剛志(成城大学 法学部 教授)(以上 五十音順)
武井 一浩(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)(司会)

今月のコンテンツ

日立とホンダ、自動車部品事業を統合

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

日立とホンダ、自動車部品事業を統合

M&Aの次の試練

視点・寄稿

[視点]

M&Aの次の試練

インテグラルの山本礼二郎代表が語る「サンデン・リテールシステムの成長戦略」

企業研究

第149回 グループ企業再編の意義と留意点

M&A戦略・実務

[M&A戦略と会計・税務・財務]

第149回 グループ企業再編の意義と留意点

第176回 ロボットSIer業界 ファクトリーオートメーション普及の陰の立役者と新展開

マーケット動向

【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々(第6回)

M&A戦略・実務

[【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々]

【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々(第6回)

2019年10月の全国・地域別M&A状況

マーケット動向

[地方のM&A~中小企業の事業承継・事業再生と地域金融機関の対応~]

2019年10月の全国・地域別M&A状況

次号予告と編集後記(2019年12月号)

その他

刊行一覧 2019年

M&A専門誌マールのお申込み

「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

  • M&A専門誌「MARR(マール)」について
  • 「統計とデータ」について
  • M&A専門誌「MARR(マール)」お申し込み

年別一覧

  1. 2020年刊行一覧
  2. 2019年刊行一覧
  3. 2018年刊行一覧
  4. 2017年刊行一覧
  5. 2016年刊行一覧
  6. 2015年刊行一覧
  7. 2014年刊行一覧
  8. 2013年刊行一覧
  9. 2012年刊行一覧
  10. 2011年刊行一覧
  11. 2010年刊行一覧
  12. 2009年刊行一覧
  13. 2008年刊行一覧
  14. 2007年刊行一覧
  15. 2006年刊行一覧

M&A記事ライブラリー

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム