レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A専門誌マール 2019年6月号 296号(2019/05/20発売)

特集:
M&A法制・実務の平成史と令和への展望

本特集座談会では、武井一浩弁護士の司会・進行のもと、M&A実務の最前線でご活躍の酒井竜児弁護士、戸嶋浩二弁護士、中村慈美税理士にお集まりいただき、「M&A法制・実務の平成史と令和への展望」と題して、M&Aの実務専門家の立場から激動の平成のM&A法制・実務を振り返り、新しい令和の時代を展望していただいた。

振り返ると、平成の歴史はM&A発展の歴史そのものであり、それを支えるM&A関連法制とその実務が大変貌を遂げた時代でもある。平成元年はバブルの最盛期。海外ではこの時代を象徴するような大型買収案件が増えたが、国内ではM&Aという言葉さえ一般的ではなかった。そこから一気にM&Aが定着し始めたきっかけは平成10年前後に起こった未曽有の金融・経済危機だ。3メガバンクへの再編をはじめ、あらゆる業界で生き残りをかけた集約化が行われ、選択と集中の戦略実現のために、M&A手法が活用された。その後、海外に成長を求める海外M&Aが増えるなど、M&Aが普通の経営手法となる中、近年はベンチャーM&Aの拡大が加わって、M&A件数は史上最高を更新し続けている。この間、平成9年の純粋持株会社の解禁に始まり、株式交換・移転制度、会社分割制度の導入等々、M&A関連法制の大規模な整備が行われ、平成の終わりにはM&A先進国並みに使い勝手の良い制度となった。M&A実務もそれにつれて進化し、実務専門家の役割も変化してきた。

本座談会では、この激動の平成30年を5期に区切って、その間の法制・実務の変化等についてM&A実務の立場から議論いただき、令和への展望についても語っていただいた。なお、末尾に、参考資料として、平成元年からの「M&A関連年表」を掲載した。M&A法制の歴史を振り返る一助になれば幸いである。

【出席者】(五十音順)
酒井 竜児(長島・大野・常松法律事務所 パートナー 弁護士)
戸嶋 浩二(森・濱田松本法律事務所 パートナー 弁護士)
中村 慈美(中村慈美税理士事務所 税理士)
武井 一浩(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)(司会)

今月のコンテンツ

日本ペイントHD、豪塗料メーカーを買収

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

日本ペイントHD、豪塗料メーカーを買収

非上場会社のLBOにおける株式質とその実務

M&A戦略・実務

第144回 役員報酬の税務と企業価値

M&A戦略・実務

[M&A戦略と会計・税務・財務]

第144回 役員報酬の税務と企業価値

第50回(最終回)『PMIの最後のピース』

M&A戦略・実務

[【小説】新興市場M&Aの現実と成功戦略]

第50回(最終回)『PMIの最後のピース』

2019年4月の全国・地域別M&A状況

マーケット動向

[地方のM&A~中小企業の事業承継・事業再生と地域金融機関の対応~]

2019年4月の全国・地域別M&A状況

次号予告と編集後記(2019年6月号)

その他

刊行一覧 2019年

M&A専門誌マールのお申込み

「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

  • M&A専門誌「MARR(マール)」について
  • 「統計とデータ」について
  • M&A専門誌「MARR(マール)」お申し込み

年別一覧

  1. 2020年刊行一覧
  2. 2019年刊行一覧
  3. 2018年刊行一覧
  4. 2017年刊行一覧
  5. 2016年刊行一覧
  6. 2015年刊行一覧
  7. 2014年刊行一覧
  8. 2013年刊行一覧
  9. 2012年刊行一覧
  10. 2011年刊行一覧
  11. 2010年刊行一覧
  12. 2009年刊行一覧
  13. 2008年刊行一覧
  14. 2007年刊行一覧
  15. 2006年刊行一覧

M&A記事ライブラリー



M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム