レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [マクロ経済動向]]

(2011/08/24)

【第11回】ベトナム金融セクターについて(上)

トラン・ホアイ・ヴー

ベトナムは経済開放政策を始めてから国内市場の規制を緩和してきた。特に2007年にWTOに加盟してから、外国に対して国内市場の一層の開放を進めている。ベトナム国内の力だけで産業を育成することには限界があり、外資の力によって国内産業を振興することも政策の重点とされている。そうしたなか、ベトナムは社会主義国において資本市場を導入し、国際経済に更にコミットしていくに当たって多くの課題に直面している。中でも重要な課題として挙げられるのが経済の高成長を維持するために、産業への資金供給がいかに安定的かつ十分に行われ得るのか、つまり、金融機関が経済の潤滑油としての機能・役割を十分に果たすことができるのかである。
 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回(最終回)】M&Aは黒船

スキルアップ

[【人事】「M&A人事の新常識」~グローバルの年金・ベネフィット最新事情(マーサー ジャパン)]

NEW 【第3回(最終回)】M&Aは黒船

北野 信太郎(マーサー ジャパン グローバルクライアントマネージャー シニアプリンシパル)

第10回 グローバルHRオペレーション

M&A戦略・実務

[ニューノーマル時代の日本企業M&Aの指針]

NEW 第10回 グローバルHRオペレーション

佐藤 智哉(マーサー ジャパン M&Aアドバイザリーサービス部門 マネージャー)

イノベーション創出につながるM&A

視点・寄稿

[視点]

NEW イノベーション創出につながるM&A

大井 悠紀(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム