レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[書評]

2015年11月号 253号

(2015/10/15)

今月の一冊 『会計の変革―財務報告のコンバージェンス、危機および複雑性に関する年代記』

 ロバート(ボブ)・H・ハーズ著、杉本 徳栄、橋本 尚 訳/同文舘出版/3600円(本体)

今月の一冊 『会計の変革―財務報告のコンバージェンス、危機および複雑性に関する年代記』ロバート(ボブ)・H・ハーズ著、杉本徳栄、橋本尚訳/同文舘出版/3600円(本体)  2000年代はエンロン事件や金融危機などが起き、会計がクローズアップされた。著者はその時期に米財務会計基準審議会(FASB)の議長を務めた。この間、米国の会計基準と国際会計基準(IFRS)とのコンバージェンスも進んだ。本書は8年にわたる議長としての回顧録を中心に、その前の半生も語った自伝である。

  著者は米国人だが、英国の大学で学び、英国の勅許会計士の資格を取った。その後、米国に戻り、大手会計事務所(クーパース・アンド・ライブランド、C&L)に入る。80年代半ばからウォール街でM&Aのストラクチャリングの仕事に従事した。米国では会計規則に、多くの例外や数値基準などがあるため、取引を形の上で少し変えるだけで、利益を水増しできる。著者はこうしたテクニックに長けていて、「悪者ボブ」として知られていた。細則主義に基づく会計基準の弊害を体験していたため、後に会計基準設定者となると、原則主義に基づく会計基準を支持するようになる。

  1998年、勤めていた会計事務所(C&L)が英国のプライスウォーターハウス(PW)と合併した。PwCの幹部になり、IASB(国際会計基準審議会)の理事もしていた。ところが、エンロン事件など会計不正で、米国の会計基準の信頼が失墜すると、その立て直しのため、2002年、FASBの議長に抜擢された。そして2008年、リーマン・ブラザーズの破綻など金融危機が起こると、その処理に当たり、2010年に任期を残し、突然辞任した。当時まだ、50代後半で、今後の動向が注目されている人物である。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第9回】M&A成立時の基本的な会計処理とアドバイザー等に支払った費用の取り扱い

スキルアップ

[【事業承継】中堅中小企業の事業承継M&A ~会計税務の実務上の頻出論点~(M&Aキャピタルパートナーズ)]

NEW 【第9回】M&A成立時の基本的な会計処理とアドバイザー等に支払った費用の取り扱い

桜井 博一(M&Aキャピタルパートナーズ 企業情報第二部 公認会計士・税理士)

「日高屋」業績低迷の原因はちょい飲みの減少だけ? ~ 新メニューの開発でリピート率向上を

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

「日高屋」業績低迷の原因はちょい飲みの減少だけ? ~ 新メニューの開発でリピート率向上を

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム