レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[書評]

2016年1月号 255号

(2015/12/15)

今月の一冊 『経営学で考える』

 高橋 伸夫 著/有斐閣 /3200円(本体)

今月の一冊 『経営学で考える』高橋伸夫著/有斐閣 /3200円(本体)  今の世の中、会社という組織をめぐり難問が次々に起きている。経営学というレンズを入れて眺めてみると、問題の本質と妥当な解決策がくっきりと見えてくるというのである。半信半疑で読み進めるうちに、なるほどと思うことが多く、経営学の魅力に取り付かれそうになった。

  青色LED訴訟という事件があった。ノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏が、勤務先だった日亜化学工業と青色LEDの発明対価の金額を争った訴訟だ。一審は中村氏の発明対価の金額を604億円と認定した。ところが、二審で成立した和解では、発明対価の金額は約6億円と100分の1に大幅減額となった。一審と二審でどうしてこんなに差が出るのか。どちらが妥当だったのか。そんな疑問が残り、後味の悪い事件だったと記憶している。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第114回】東京海上担当者に聞く-国内M&A保険(表明保証保険)の仕組みと狙い

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第114回】東京海上担当者に聞く-国内M&A保険(表明保証保険)の仕組みと狙い

宗次 勇介 (東京海上日動火災保険株式会社 企業商品業務部 次長 兼 責任保険グループ 課長)
永野 智也 (同 責任保険グループ 課長代理)

支配権争奪戦とM&A指針

視点・寄稿

[視点]

支配権争奪戦とM&A指針

石綿 学(森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム