レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A戦略と会計・税務・財務]

2016年4月号 258号

(2016/03/15)

第106回 M&A・海外事業再生のためのブランド評価・活用法

 舟引 勇(PwCアドバイザリー シニアマネージャー)

はじめに

  グローバル化に向けた海外ブランド買収が後を絶たない。最近では、サントリーによるビームの買収、JTによる米レイノルズ・アメリカンの「ナチュラル・アメリカン・スピリット」の買収といったブランド買収を主としたM&Aが最近増えてきている。

  一方で、様々な海外事業の危機も見受けられる。例えば、ブラジルにおけるペトロブラスや中国での景気低迷等により、急激な業績悪化、ひいては減損・撤退といったものである。世界経済の取り巻く環境変化はさらに激しくなり、変化に対応した進化が問われている時代である。

  生き残るためのキーワードの1つが“ブランド”であり、これは企業経営にとって欠かせない重要な資産の1つであると認識されている。しかし、ブランドは目に見えない無形資産のため掴みにくい。さらに、ブランドの本質は、顧客の頭の中で培われるものであり、イメージ・連想・認知等が顧客によって醸成される資産であることから、特許などの他の無形資産と性質が異なる。例えば、強力なブランドであれば顧客が対象ブランドに対するロイヤルティが高いため、他のブランドに見向きもせずに当該ブランド製品を購入し、収益が継続する。

  そもそも、本質的に強いブランドを築くことの目的は、「顧客を魅了する」、「ロイヤルティを築く」「従業員を動機付ける」であろうか?もちろんこれらはすべて正解である。しかし、少なくとも資本主義下の事業としてのブランドである以上、第一には「持続的に利益を獲得すること」なのである。そして持続的な利益を獲得する役割であるブランドをうまくマネジメントすることが、グローバル化に向けた買収やクライシス局面で重要だといえる。そうでなければ買収後即減損といったことになりかねない。

  本稿では、ブランドマネジメントの見地から、その役割・評価・活用法について言及していきたい。(なお、ここでいうブランド買収は、ブランドのみの買収ではなくブランドを有する事業体の買収を指す。)

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム