レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A戦略と会計・税務・財務]

2016年11月号 265号

(2016/10/18)

第113回 PMI雑話:「blue printing」と「サービスの劇場アプローチ」

 山内 利夫(PwCアドバイザリー合同会社 ストラテジスト)

1.はじめに:製造業のサービス業化とM&A

  最近、IRプレゼンテーションで「製造業のサービス業化」「モノづくりからコトづくりへ」というフレーズを耳にするようになった。メーカー、特に輸送用機器や電機・機械・精密機器のようなハードウェアメーカーは、モノの価格競争から脱却し、高付加価値化を図るべく、顧客との「共創(Co-creation)」を謳いながらサービスを意識したビジネスモデルに変革し、サービス収入を増加させようとしている。米国のマーケティング学者Vargo & Lusch両氏が提唱した「サービス・ドミナント・ロジック(Service Dominant Logic)」の発露である。

  近年では、ドイツ発のIndustry4.0、米国発のIndustrial Internet of Thingsに触発され、自動運転やビッグデータ・アナリティクスといったトレンドを重視し、情報・ソフトウェア技術を「サービス業化」のドライバーとしようとしている企業も少なくない。

  かねてより、日本の製造業においては企画・マーケティング・販売や研究開発における競争力が、とりわけ新興国において課題であるとの指摘があったが(注1)、上記の産業的文脈の中で、製造業は研究開発能力や販売網に加え、製品に関わるソフトウェアや製品提供に付帯するサービスに対する関心を高めている。レコフM&Aデータベースによれば、輸送用機器・電機・機械・精密機器企業による、ソフト・情報およびサービス企業に対するM&Aは2013年~2015年の3カ年で97件あり、うち41件は対外案件である(図表1)。

図表1 輸送用機器・電機・機械・精密機器企業によるソフト・情報・サービス企業M&A

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

加熱する「M&Aマッチングプラットフォーム」市場

速報・トピックス

【三菱ケミカルHD 小林喜光会長が語る】大変革期における企業戦略

座談会・インタビュー

[特集インタビュー]

NEW 【三菱ケミカルHD 小林喜光会長が語る】大変革期における企業戦略

小林 喜光(三菱ケミカルホールディングス 取締役会長)

3月は467件 月間最多。日立、初の1兆円買収

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NEW 3月は467件 月間最多。日立、初の1兆円買収

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム