レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2017年10月号 276号

(2017/09/15)

【あおぞら銀行】「ABNアドバイザーズ」の設立で、地域金融機関と連携したM&A関連サービスのワンストップ提供体制を強化

 伊東 武(あおぞら銀行 執行役員企業情報部長)
 川畠 慎也(ABNアドバイザーズ 代表取締役社長)

右から伊東 武氏、川畠 慎也氏「当行では前身の日本債券信用銀行時代(2001年から現行名)の1980年代後半からM&A業務を行ってきました。現在はM&Aチームと営業部門とが連携して、M&A関連サービスをワンストップで提供する体制を構築しています。M&Aチームは、企業情報部で国内のミドルキャップを中心に幅広いM&A案件を扱っているほか、クロスボーダーM&Aについては、同部と同じく私が所管するアジアソリューション部アドバイザリーグループが担当しています。また、スモールキャップ案件では2017年5月に設立した子会社の『ABNアドバイザーズ』とも連携して体制を強化しています」と語るのは、執行役員企業情報部長の伊東武氏。

  伊東氏は86年に日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)入行。02年イデアキャピタル代表取締役就任(あおぞら銀行、デロイトトーマツコンサルティング、伊藤忠商事による合弁のバイアウトファンド運営会社)、12年あおぞら銀行企業情報部長、16年5月執行役員企業情報部長に就任した。

  あおぞら銀行でM&A業務に携わっているのは、企業情報部、アジアソリューション部アドバイザリーグループなど合わせて30人。

「このほか、3つの観点からPEファンド関連業務も行っています。

  1つ目は、当行がGPとして参画するPEファンドの運営会社『AZ-STAR』の設立です。『アジアの成長を日本に取り込み、日本経済の持続的な成長に貢献する』を投資テーマとして、当行のほか、東京スター銀行、兼松、エスネットワークスの4社によって15年2月に設立されました。

  2つ目が、当行が大口LP投資家として日本アジア投資(JAIC)と共同で設立したベンチャーファンドで、総額20億円の『JAIC企業育成投資事業有限責任組合』を16年2月に設立して、既に4社がIPO、2社がM&Aでイグジットしています。

  3つ目が

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第4回】 M&A戦略の類型(2)製品開発型

スキルアップ

[【M&A戦略】M&A戦略立案の要点(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)]

NEW 【第4回】 M&A戦略の類型(2)製品開発型

木俣 貴光(三菱UFJリサーチ&コンサルティング コーポレートアドバイザリー部 部長 プリンシパル)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム