[CLOSE-UPトップの決断]

2010年9月号 191号

(2010/08/15)

日本の消費財の川上から川下まで流通を支える情報インフラ企業を目指す

プラネット 玉生 弘昌 社長
  • A,B,EXコース

通信事業自由化を機に設立


――プラネットは、20 08年9月カスタマー・コミュニケーションズの株式の40%を三菱商事から譲受し、関連会社化しました。この狙いをうかがいたいのですが、その前に、プラネットの事業について教えていただけますか。
「プラネットの主要な事業は、EDI(Electronic DataI nt erch a nge =電子データ交換)といいまして、複数の企業が、商取引のための各種のデータを、通信回線を介して、コンピュータ同士で交換するサービスを提供するVA N(付加価値通信網)の運用会社です。主に化粧品日用品雑貨業界、その隣接業界のメーカー・流通業の取引業務効率化のために、このE DIサービスの利用率拡大と利用企業数の増加、消費財メーカー・卸売業・小売業を結ぶマーケティングネットワークのバイヤーズネットサービスの普及、インターネットによる新技術を活用したE DIシステムの開発や、新しいマーケティング手法に関する啓蒙普及などを行ってきました。言ってみれば、商取引のための情報インフラです」
 

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング