レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[対談・座談会]

2012年1月号 207号

(2011/12/15)

NTTグループのグローバル経営の実際

奥野 恒久(日本電信電話 グローバルビジネス推進室長/西畑 一宏(NTTデータ 執行役員 グローバルビジネス統括本部長)/竹田 年朗(マーサー ジャパン グローバルM&Aコンサルティング プリンシパル)/司会・構成 丹羽 昇一(編集長)

〔はじめに〕

--新興国をはじめ海外に成長を求める海外M&A(IN-OUT)が増える中、買収した外国の会社をいかに経営して戦略を実現するかが最大の課題となっています。特に内需型企業が、比較的大型の海外M&Aによってグローバル企業への変身にチャレンジする事例が増えており、いかにグローバル経営を身に着けるかが大きなテーマとなっていると思います。本日は、NTTグループのグローバルビジネス推進の最前線でご活躍の日本電信電話(NTT)(以下、「持株会社」)の奥野さんとNTTデータの西畑さん、そして弊誌「マール」で「ポストM&A戦略」の連載をお願いしておりますマーサージャパンの竹田さんにお集まりいただきました。NTTグループは元はと言えば典型的な内需型企業の代表選手のような存在ですが、近年、グローバル化に大きく舵を切ってやってこられたということで、参考になるお話をいろいろお聞きできるものと期待しております。竹田さんには、組織・人事のコンサルタントのお立場のほか、進行役も含めてお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回】  クリーンチームの積極活用 ~シナジー刈り取りを加速する

スキルアップ

[【PMI】 攻めのPMI -企業価値最大化の契機としてのM&A(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW 【第3回】 クリーンチームの積極活用 ~シナジー刈り取りを加速する

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー)
加藤 千尋(マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエイト・パートナー)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム