レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aスクランブル]

(2020/08/13)

COVID-19禍で待ったなしの生産性向上問題とM&Aの役割

竹田 年朗(マーサー ジャパン グローバルM&Aコンサルティング パートナー)
成長しない日本

 誰もが、「長きにわたって日本は成長していない」と聞かされている。では、その悪さ加減は果たしてどの程度か。われわれは、未来に対してどれほどの覚悟を決める必要があるのか。

 図1は、国連のデータを使用して、2018年実質GDP上位20カ国を対象に、1993年からの四半世紀の成長を鳥瞰したものである。中国、インドを別として、上位各国は25年間で実質GDPを1.5倍から3倍程度に伸ばしている。例えばUSAは1.9倍(+9.1兆ドル)、UKは1.7倍(+1.3兆ドル)であるが、日本は1.3倍(+0.9兆ドル)にとどまる。これを年平均成長率に換算すると、USAの2.5%、UKの2.2%に対して、日本は1.0%である。わずか1.2%~1.5%の違い、と思われるかもしれないが、25年間では大きな違いを生むのである。


 このGDP成長率を、①人口要因(人口増加率、X軸)と、②生産性要因(一人当たりGDPの増加率、Y軸)に分解してプロットしたのが、図2である。補助線は、ここでは便宜的に直線で引いた。日本の場合、直視して取り組むべきは、生産性の向上である。人口要因を無視するものではないが、人口は各国それぞれの社会事情を複雑に反映したもので、おのずと長期政策の対象である。日本には、長期政策が奏功するまでの間、人口が増えない分を生産性向上に積み増す覚悟が必要だ。..


■筆者履歴

竹田 年朗(たけだ としろう)
マーサージャパン株式会社
グローバルM&Aコンサルティング パートナー
株式会社大林組、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ワトソンワイアット 、ベイン・アンド・カンパニーを経て現職。
日本企業の海外企業買収に対して、デュー・デリジェンスからPMIまで、幅広い支援を提供している。特に最近は、買収先のコントロールの確立、および経営統合・組織統合をテーマとしている。
経済産業省「海外事業者の視点に基づく日本企業との投資提携の定着に関する調査」研究会委員を務める。
2009年12月から2018年12月まで、M&A専門誌「MARR」にて毎月論文を連載*、その後も寄稿随時。著書に「クロスボーダーM&Aの組織・人事PMI」(2019年中央経済社刊)、「クロスボーダーM&Aの組織・人事手法~コントロールと統合の進め方」(2016年中央経済社刊) 、「クロスボーダーM&Aの組織・人事マネジメント」(2013年中央経済社刊、第7回M&Aフォーラム賞奨励賞受賞)などがある。クロスボーダーM&Aに関するセミナーも、積極的に行っている。
石川県金沢市出身。東京大学法学部卒、コーネル大学ジョンソンスクール経営学修士課程修了(MBA)。

*MARR 論文連載一覧 : https://www.marr.jp/etc/strategy/


続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

米国市場攻略に向けて事業規模拡大を加速させるセブン&アイ・ホールディングス

速報・トピックス

【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

スキルアップ

[【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)]

NEW 【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

長瀬 裕介(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター)

ベトナムの製菓業界

スキルアップ

[【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要](ワールディング)]

NEW ベトナムの製菓業界

谷口 正俊(株式会社ワールディング 代表取締役社長)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム