レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2021/05/25)

東大エッジキャピタルが総額300億円超のファンドを組成~スタートアップ支援を加速~

 東京大学エッジキャピタルパートナーズ(以下、UTEC)は、「UTEC5号投資事業有限責任組合」(以下、UTEC5号ファンド)を新たに組成し、このたび一次募集を締め切った。2021年6月までに総額300億円超となる予定で、サイエンスおよびテクノロジー領域において国内最大規模のファンドとなる。

 UTECは、一般社団法人東京大学産学連携支援基金が出資し、東大が承認する「移転関連事業者」として2004年に設立されたベンチャーキャピタル(VC)。同社の社長を務める郷治友孝氏は、1996年通商産業省(現経済産業省)に入省、我が国ベンチャーキャピタルファンドの根拠法となった『投資事業有限責任組合法』(1998年11月施行)を起草し、金融庁等を経て、2004年4月UTEC設立に際し退官している。

 UTEC1号から5号ファンドまでの累計コミットメント額は約850億円にのぼり、これまでサイエンスとテクノロジーを強みとする広範なスタートアップに対し、シード・アーリーステージから一貫したハンズオン支援を継続している。...

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

関連記事

企業研究

2017年4月号 270号

[M&Aの現場から]

【東京大学協創プラットフォーム開発】東大発ベンチャー創出の拠点を目指す

 大泉 克彦(代表取締役社長)

バックナンバー

おすすめ記事

見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 見えてきた飲食店のコロナ禍での対応力の差 ~ 動画配信で新境地を拓く一流シェフの凄み

藤原 裕之((同)センスクリエイト総合研究所 代表)

「M&A仲介協会」が発足・始動

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム