レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[視点]

2019年10月号 300号

(2019/09/17)

組織統合のステップとスピード感の設計

竹田 年朗(マーサージャパン グローバルM&Aコンサルティング パートナー)
健全な統合のプレッシャー

 意外な組み合わせのM&Aが耳目を集めることはあるにしても、M&Aの原点が、同業他社の買収と組織統合であることは変わらない。同業の大型買収はグローバルで普通に行われており、日本企業が当事者の案件も多い。
 プレミアムを付けて買収する以上、高い買収価格を正当化するだけの高い業績を出す道筋を明確にし、それを着実に実行に移す必要がある。レポートライン(指揮命令系統)を組み替え、組織の構造や動きを刷新して、これまで持つことがなかった競争力を手にする組織統合、そうでなければ、組織に大きく手を付けないが、親会社と一枚岩で経営して、これまで持つことがなかった競争力を手にする経営統合が避けられない。その道筋は最初から、買収の青写真に入っている。その青写真の解像度が低いことはあってもおかしくないが、その場合は速やかに手順を踏んで解像度を上げ、自信を高めて統合するのであって、他の選択肢はない。
 このため、事業責任者(事業部長、カンパニー長、CEOなど)には組織の上部からも、自らの内面からも、統合推進のプレッシャーがかかる。しかし、統合を成し遂げて高い業績を上げれば、それは経営者として誇るべき成果であり、社内認知の向上、報酬の増加、昇進などの見返りにつながる。経営者市場も、実力の証左と見るだろう。

統合新社のトップの役割

 図は、開製販のバリューチェーンをもつ同業2社(子会社レベル)を組織統合する際の、基本的なステップである。統合は急ぎたいが、「相手側の実情が分かっていない」という実情をそのまま反映し、組織構造に何ら手を加えていないのが⓪の段階である。しかし、組織統合を急ぎ、高い競争力と業績を実現することには変わりがないのだから、サイニング後できるだけ早く、①にあるとおり、2つの組織を俯瞰し、指示命令を下す統合新社トップを選任する。統合新社トップはお飾りではなく、十分に仕事を行うべく強力なスタッフを従える。一方、①の段階では統合新社自体はまだないか、あっても、その内実はもともとの2つの組織をそのまま並べただけである。
 統合新社トップの役割は、2つの組織の業績をモニターし、2人の経営者(部下)を督励することにとどまらない。本筋の役割は、②の姿を設計することである。つまり、自分の直下の統合組織の構造を見定め(この例では、開製販を軸に組織を括ってしまって本当に良いのか、図に描かれていない開製販以外の組織は具体的にどうするのか、などに答えを出すこと)、次に自分の直下のポジション、つまり統合新社の経営層の人選に当たりを付けることである。
 これらは、いずれも

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回】デジタルが変えるポストコロナの競争力

スキルアップ

[【企業変革】ポストコロナ時代の経営アジェンダ ~ ゲームのルールが変わる瞬間 ~]

NEW 【第3回】デジタルが変えるポストコロナの競争力

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)

【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

スキルアップ

[【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)]

NEW 【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

長瀬 裕介(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム