レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[視点]

2016年11月号 265号

(2016/10/18)

投資される経営、売買される経営

 中神 康議(みさき投資 代表取締役社長)

1.はじめに

  現在、日本では官民挙げて経営者と投資家の「建設的な対話」(エンゲージメント)が促され、「持続的な価値創造」が叫ばれています。また資本市場の短期化に対する警鐘が鳴らされ、長期投資の必要性が語られています。そのこと自体は歓迎すべきことです。一方で、筆者の問題意識も、まさにその点にあります。
  というのも、これまで我が国ではそもそも「企業価値」とはどのような因子によって決定されているのか、投資家との対話がなぜ持続的価値向上に結びつくのか、どのように長期投資が実現されるのかについての議論が少なかったと感じているからです。
  本稿はこのような問題意識に基づき、まず持続的な企業価値とはどのような要素によって決まるのかに関する仮説を提示してみたいと思います。次に対話によって実際に価値が向上した事例を紹介し、長期投資・エンゲージメント投資の対象になる経営と、短期売買されてしまう経営の分岐点を考えてみたいと思います。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

加熱する「M&Aマッチングプラットフォーム」市場

速報・トピックス

【第4回】 M&A戦略の類型(2)製品開発型

スキルアップ

[【M&A戦略】M&A戦略立案の要点(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)]

NEW 【第4回】 M&A戦略の類型(2)製品開発型

木俣 貴光(三菱UFJリサーチ&コンサルティング コーポレートアドバイザリー部 部長 プリンシパル)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム