レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[視点]

2017年7月号 273号

(2017/06/15)

CFO待望論~深刻なCFO不足の背景~

 谷口 学(公認会計士 / 立命館大学大学院 経営管理研究科 教授)

  日本版スチュワードシップ・コードやコーポレートガバナンス・コードの公表によって、日本企業は機関投資家との適切な対話やステークホルダーに対する説明責任の充実が一層高いレベルで求められている。コーポレートガバナンス・コードは、リスクやガバナンスといったいわゆる「守り」の側面が強調されることが多い。しかし同コードの基本原則を読むと、そのような「守り」の情報開示と同列に、経営戦略や経営課題という、言うならば「攻め」の情報開示に積極的に取り組むべきことが盛り込まれている。
  いくらCEOが企業の進む方向性を知っているといえども、それを時系列に会計数値化して示さなければ説明責任を十分に果たしたことにはならない。企業経営は不確実性の中を飛び続けることが宿命である。だからこそ将来の経営戦略は合理的な根拠のもとに策定される必要があり、その合理性を高める重要な要素の一つが会計的思考である。言うまでもなく過去の業績、企業のいま、そして企業が描く将来像は一つの時間軸でつながっている。現代のCFOは、CEOの傍で経理・財務機能を統括し、さらに会計数値を駆使して将来の経営戦略を説得的に構築することが重要な職務である。
  現代企業において、このような会計と経営戦略をつなぐCFOの役割は、将来の会社の浮沈を左右する。経営環境が著しく変化する中で、自社の状況を客観的に掴み取り、信頼性の高い会計情報を基に経営戦略を立案する。必要とあれば重大なパラダイムシフトも辞さない経営姿勢。それを背面から支える会計データと問題解決のプロセス。その立案と実行を担う強力なCFOの存在は、これからの企業成長に不可欠な経営人材である。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

ベトナムの食肉業界

スキルアップ

[【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要](ワールディング)]

NEW ベトナムの食肉業界

谷口 正俊(株式会社ワールディング 代表取締役社長)

第164回 パンデミック下での企業経営と情報開示

M&A戦略・実務

[M&A戦略と会計・税務・財務]

NEW 第164回 パンデミック下での企業経営と情報開示

荒井 優美子(PwC税理士法人 タックス・ディレクター)

日本企業のM&A 四半期統計(2021年1-3月)

マーケット動向

[M&A四半期レポート・統計]

NEW 日本企業のM&A 四半期統計(2021年1-3月)

M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム