レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A関連本紹介]

(2021/04/20)

個人M&Aのススメ

中田 聡喜 /著
著者名:中田 聡喜
出版社名:幻冬舎ルネッサンス新社
定価:880円
発行日:2021年4月16日 
   サイズ:新書・172ページ
詳細・ご購入はこちら(外部サイトが開きます)
――M&Aなら、会社を買ったその日から営業できる。
事業開始までの準備をスキップできることは大きな利点だ。
会社に勤めながら小さな英会話教室を買い取り、苦難を乗り越えて3か月で黒字化に成功。個人で会社をM&Aして新しい人生の扉を開いた著者が会社買収後の経営方法までも紹介する、最良の体験談。

※下記商品紹介ページより引用
幻冬舎ルネッサンス新社
https://www.gentosha-book.com/products/9784344933651/

バックナンバー

おすすめ記事

2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

マーケット動向

[スタートアップの資金調達・M&A]

NEW 2021年9月の状況と注目企業「ビットキー」

「KKRアジア・ファンド4号」150億ドルの対日投資戦略を語る

座談会・インタビュー

[特集インタビュー]

NEW 「KKRアジア・ファンド4号」150億ドルの対日投資戦略を語る

谷田川 英治(KKRジャパン プライベート・エクイティ パートナー)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム