レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2019年10月号 300号

(2019/09/17)

【ファイブスター・メザニン】メザニンファイナンスの第一人者として本邦初の独立系メザニンファンド運営会社を設立

斉藤 陽一(代表取締役 パートナー)
(左から)青井陽平ディレクター、工藤敬介パートナー、斉藤陽一代表パートナー、星野宏彰ディレクター
(左から)青井陽平ディレクター、工藤敬介パートナー、斉藤陽一代表パートナー、星野宏彰ディレクター
 ファイブスター・メザニンは、東京海上メザニン株式会社(以下、「東京海上メザニン」)の中核スタッフ5人が2018年7月に設立し、同年9月から本格的な投資活動を始めたメザニンファンドの運営会社である。2019年7月にファイブスター・メザニン1号投資事業有限責任組合(以下、「FSM1号ファンド」)の募集活動を総額432億円で完了させた。

 メザニンとは、通常の借り入れ(銀行ローン)と資本(普通株式)の中間に位置する資金調達手法の総称。主にバイアウト(企業買収)ファンドや事業会社による企業買収の資金調達に活かされている。優先株式、劣後ローン、劣後社債といった形態を採ることが一般的で、いずれも、議決権の希薄化を原則として生じさせない性質の資金調達手法である。銀行ローンよりも返済・償還順位が劣後するものの、比較的に高水準の利息・配当(インカム)が付されていることから、ミドルリスク・ミドルリターンの投資特性を持っている。

 「ファイブスター・メザニンの投資チームは、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第15回】エンタプライズDCF法の実務④:STAGE 4 将来の業績予測②、STAGE 4 企業価値の算定

スキルアップ

[【企業価値評価】事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門(早稲田大学大学院 鈴木一功教授)]

NEW 【第15回】エンタプライズDCF法の実務④:STAGE 4 将来の業績予測②、STAGE 4 企業価値の算定

鈴木 一功(早稲田大学大学院 経営管理研究科<早稲田大学ビジネススクール>教授)

【第5回】 経営インフラとしての内部監査

スキルアップ

[【コーポレートガバナンス】よくわかるコーポレートガバナンス改革~日本企業の中長期的な成長に向けて~(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)]

NEW 【第5回】 経営インフラとしての内部監査

関 彩乃(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアコンサルタント)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム