レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2020年10月号 312号

(2020/09/15)

【Lキャタルトン】世界最大級のコンシューマー業界特化型PE投資ファンドを運営

清水 俊孝(パートナー)
白水 尚史(バイスプレジデント)
小西 恭平(アナリスト)
左から白水 尚史バイスプレジデント、清水 俊孝パートナー、小西 恭平アナリスト

左から白水 尚史バイスプレジデント、清水 俊孝パートナー、小西 恭平アナリスト

 Lキャタルトンは、キャタルトン(Catterton)、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン、及びグループ・アルノー(Groupe Arnault)の3社の提携により設立された、コンシューマー業界特化型のグローバルプライベートエクイティファンド。グローバルで17のオフィスを有し、北米バイアウト、北米グロース、南米、欧州、アジア、不動産、LCH(Lキャタルトン・コンシューマーテック)の7つのファンドを通じて投資を行っている。1989年の創業以来、業界を代表するコンシューマー・ブランドへの投資をこれまでに200件以上行ってきており、運用資産額は約2兆円に上る。日本に進出したのは2017年で、18年には日本法人「Lキャタルトン・ジャパン株式会社」が設立され、北アジア地域(主に日本と韓国)のカバレッジが、香港から東京に移転された。

Lキャタルトンの投資先コンシューマー・ブランド(代表例)

 「Lキャタルトンは、投資案件の発掘から

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

米国市場攻略に向けて事業規模拡大を加速させるセブン&アイ・ホールディングス

速報・トピックス

【星野リゾート代表が語る】「マイクロツーリズム」戦略で新型コロナ禍を生き延びる

座談会・インタビュー

[特集・特別インタビュー]

NEW 【星野リゾート代表が語る】「マイクロツーリズム」戦略で新型コロナ禍を生き延びる

星野 佳路(星野リゾート代表)

【第120回】【アドバンテッジパートナーズ】第6号ファンド850億円の投資戦略を語る

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第120回】【アドバンテッジパートナーズ】第6号ファンド850億円の投資戦略を語る

笹沼 泰助(アドバンテッジパートナーズ 代表取締役 代表パートナー)
喜多 慎一郎(アドバンテッジパートナーズ 代表取締役 シニア パートナー)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム