[M&Aの現場から]

2020年10月号 312号

(2020/09/15)

【Lキャタルトン】世界最大級のコンシューマー業界特化型PE投資ファンドを運営

清水 俊孝(パートナー)
白水 尚史(バイスプレジデント)
小西 恭平(アナリスト)
  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
左から白水 尚史バイスプレジデント、清水 俊孝パートナー、小西 恭平アナリスト

左から白水 尚史バイスプレジデント、清水 俊孝パートナー、小西 恭平アナリスト

 Lキャタルトンは、キャタルトン(Catterton)、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン、及びグループ・アルノー(Groupe Arnault)の3社の提携により設立された、コンシューマー業界特化型のグローバルプライベートエクイティファンド。グローバルで17のオフィスを有し、北米バイアウト、北米グロース、南米、欧州、アジア、不動産、LCH(Lキャタルトン・コンシューマーテック)の7つのファンドを通じて投資を行っている。1989年の創業以来、業界を代表するコンシューマー・ブランドへの投資をこれまでに200件以上行ってきており、運用資産額は約2兆円に上る。日本に進出したのは2017年で、18年には日本法人「Lキャタルトン・ジャパン株式会社」が設立され、北アジア地域(主に日本と韓国)のカバレッジが、香港から東京に移転された。

Lキャタルトンの投資先コンシューマー・ブランド(代表例)

 「Lキャタルトンは、投資案件の発掘から

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事