レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2021年1月号 315号

(2020/12/15)

【W ventures】to Cビジネスのアーリーステージに特化したベンチャーキャピタル

東 明宏(代表パートナー)
東 明宏氏

東 明宏氏

 W venturesは、東明宏氏と新和博氏が中心となって2019年4月に設立したベンチャーキャピタル(VC)。

 東氏は、早稲田第一文学部を卒業後、インターネット広告事業を手がけるセプテーニ・ホールディングスに入社して子会社の代表を務めた後、グリーでプラットフォーム事業の立ち上げやゲーム会社への投資を担当。12年からグロービス・キャピタル・パートナーズに転じて、ベンチャー投資に従事し、19年4月にW venturesを設立した。17年Forbesの「日本で最も影響力のあるベンチャー投資家BEST10」で7位、そのほか日本ベンチャーキャピタル協会「Most Valuable Young VC賞」、Japan VentureAward2017「ベンチャーキャピタリスト奨励賞」を受賞している。

 「グリーに在籍していた頃、プラットフォーム事業の立ち上げをやりながら10社ほどベンチャー企業に投資したのですが、当時はソーシャルゲームの全盛時代で、そのうち数社が株式を上場しました。私はベンチャーをサポートするという仕事に携わる中で、それこそ6畳1間でスタートした会社が上場して行くのを見せてもらって、これは意義のある非常に面白い仕事だと思ったのです。その時にベンチャーキャピタリストという存在も知りました。そこで、グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)に転じて、ベンチャー投資に本格的に従事するようになったのです。

 それまでの私の経歴からいうと

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A当事者と投資家が留意すべき株式価値評価のリスク(下)評価レンジに係る論点

視点・寄稿

[寄稿・寄稿フォーラム]

M&A当事者と投資家が留意すべき株式価値評価のリスク(下)評価レンジに係る論点

池谷 誠(アルファフィナンシャルエキスパーツ マネージングディレクター)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング


M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム