レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aスクランブル]

(2019/03/13)

事業承継M&A ~広がりをみせる対象企業の業種

  マールオンラインにも多くの関連記事が掲載されているように事業承継M&A(文末※1参照)の件数が急増している。図表1は年ベースの事業承継M&A件数の推移の中で、製造業を対象とした件数と非製造業・商業・金融(以下「非製造業等」)を対象とした件数をみたものである。

  事業承継M&Aでは非製造業等に含まれるソフト・情報、及び、サービスの企業を対象とした件数が多く、筆者は図表1を作成するにあたって製造業を対象とする件数の割合は2割程度にとどまるとのイメージをもっていた。しかし、実際には製造業対象の件数の占める割合は毎年約3割に上っていた。そして2018年の件数は169件であり、2017年(95件)に比べて約1.8倍増加している。

  次に製造業対象の事業承継M&Aにおける業種をさらに細分化し、2013年と2018年で件数を比較してみた(図表2参照)。結果をみると、非鉄金属などの基礎素材型や、輸送用機器、電機、機械といった加工組立型、また、食品、繊維などの生活関連型まで、概ねすべての範囲に渡って増加。特に2013年、件数が僅かであった窯業・鉄鋼・非鉄・金属製品や輸送用機器は大幅に増加していた(文末※2参照)。



(出所)レコフM&Aデータベース




続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第104回】<レコフM&Aデータベース・ユーザーインタビュー> 第2回 M&Aコーポレート・アドバイザリー

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第104回】<レコフM&Aデータベース・ユーザーインタビュー> 第2回 M&Aコーポレート・アドバイザリー

谷口 友保(代表取締役社長)
森本 良(ヴァイスプレジデント)

日本で第三者機関認定のMBA資格を取得するには

その他

[PR]

日本で第三者機関認定のMBA資格を取得するには

喜多 元宏(株式会社エグゼクティブ・ジャパン 代表取締役)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム