レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aスクランブル]

(2019/05/15)

ライフサイエンス事業の成長に舵を切るAGC

マール企業価値研究グループ

  2018年7月に旭硝子は社名をAGCへと変更したが、同社は19年2月にグループ中期経営計画(AGC Plus-2020、対象期間2018-20)の進捗状況を発表した。それによると18年度(2018年1~12月)の営業利益は1,206億円(前年度比+0.8%)と20年度の目標である1,600億円以上に向けて順調なスタートを切ったようだ。同社グループは主要事業を、「コア事業」と「戦略事業」に分けているが、前者には長期安定的な収益基盤を担う伝統的事業である建築用ガラスを中心とした事業が、後者には付加価値の高い高収益事業の確立を目指すモビリティ(自動運転や輸送機器の軽量化など)、エレクトロニクス、ライフサイエンスが含まれる。注目されるのは後者の戦略事業で、現中期経営計画の最終年度である20年度には営業利益に占める同事業の割合を25%にまで高めるとしている点。実際、同事業の割合は16年度の9%から急速に高まっており、18年度は17%にまで拡大した。安定した収益基盤は当然重要であるが、成長の軸足を戦略事業に移しつつあることが明瞭である。



続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

ドラッグ業界再編の可能性高めるココカラファイン、マツキヨ統合の動き

速報・トピックス

【第6回】百五銀行 ソリューション営業部

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」(日本政策投資銀行)]

NEW 【第6回】百五銀行 ソリューション営業部

聞き手:日本政策投資銀行 企業戦略部

「しまむら」の急失速をもたらした2つの失策 ~ 空間価値の再創造でしまパトを呼び戻せ

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

「しまむら」の急失速をもたらした2つの失策 ~ 空間価値の再創造でしまパトを呼び戻せ

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム