レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[ポストM&A戦略]

2015年10月号 252号

(2015/09/15)

第82回 買収先CEOの交代(続)

 竹田 年朗(マーサー ジャパン グローバルM&Aコンサルティング パートナー)

  買収先CEOのリテンションは、買収直後のリスク回避などを理由に、特にクロスボーダーM&Aにおいて広く採用されている手法である。
  オファーを適切に行えばリテンションにはまず大きな問題は出ないだろう、と思われるケースもあるが、リテインしたくてもリテインすることが明らかに困難と思われる場合もある。後者の場合、CEOをどのようにリテインするかに知恵を絞る一方で、改めて原点に戻り、果たしてリテインせずに済ませる道が本当にないのか、確認することにも大いに意義がある。とてもシンプルで、コストのかからない結論に至ることができる場合もあるからである。
  これまで、買収後にCEOの問題が明らかになり、交代するケース(本連載第34回「買収先のCEOの交代」(上))や、CEOが買い手にフィットしないことを買収時に積極的に判断して交代するケース(第35回同(下))を解説しているが、今回、その続編として新たな視点を紹介する。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

[座談会]2019年の企業法制の振り返りと論点~グループガバナンス指針/MBO指針/ヘッジファンド・アクティビズム他~

座談会・インタビュー

[対談・座談会]

NEW [座談会]2019年の企業法制の振り返りと論点~グループガバナンス指針/MBO指針/ヘッジファンド・アクティビズム他~

【出席者】
石﨑 泰哲(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)
三和 裕美子(明治大学 商学研究科 教授)
山田 剛志(成城大学 法学部 教授)(以上 五十音順)
武井 一浩(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)(司会)

【第8回】きらやかコンサルティング&パートナーズ

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」]

NEW 【第8回】きらやかコンサルティング&パートナーズ

聞き手:日本政策投資銀行 企業戦略部

【第4回(最終回)】民法改正が法務デューディリジェンスに与える影響

スキルアップ

[【法務】民法改正が事業承継M&Aに与える影響(ソシアス総合法律事務所 高橋・小櫃弁護士)]

NEW 【第4回(最終回)】民法改正が法務デューディリジェンスに与える影響

高橋 聖(ソシアス総合法律事務所 パートナー弁護士)
小櫃 吉高(ソシアス総合法律事務所 弁護士)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム