レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[編集部から]

2019年4月号 294号

(2019/03/15)

次号予告と編集後記(2019年4月号)

次号予告

2019年5月号
特集:「クロスボーダーM&AにおけるPMIの急所と難所」
2019年4月15日発売予定 
※内容は変更されることがあります。タイトルは仮題です。

編集後記

■当社では2ヶ月に一度、「マールM&Aセミナー」を開催しています。第1回は2014年5月、PMIコンサルティングの第一人者であるデロイト トーマツ コンサルティング合同会社パートナーの松江英夫氏にご登壇いただきました。それから5年、計25回にわたり各講師の方々には旬のテーマを取り上げていただきました。今では常連の方々が増え、また、現実的かつ具体的で非常に勉強になった、理論と実務とをバランスよく説明され非常にわかりやすかった等のご意見を多数頂戴しています。来月4月17日に開催予定の第26回では、アドバンテッジ パートナーズ パートナーの村上大輔氏にご登壇いただきます。テーマは「PEファンドによる事業価値の見立て方」です。ご経験に基づく貴重なお話と、後半に設けている質疑応答の時間では、目線の高い参加者の方々との活発なやりとりが今回も繰り広げられることでしょう。
M&A業務に携わる方、特に事業会社で実務を担当しておられる方には、M&Aの知見を深める場のひとつとして是非当セミナーをご活用ください。お申込みをお待ちしております。(祥)

■先日、SNSを見ていたら、京都・嵯峨野にある落柿舎の写真がアップされているのを見つけました。落柿舎は江戸中期の俳人・松尾芭蕉の弟子である向井去来の別邸で、芭蕉自身3度も訪れたことがある庵です。中学の修学旅行で訪れたことがありますが、記憶の中の風景と全く変わっておらず驚きました。
当時、添乗員の方が「ここは京都市で保護しています。将来、あなた達が子供や孫を連れてきた時にも、その子達が今と同じ景色を見られるように」と言っていたのですが、市が落柿舎の前にある田畑を買い取るなどして景観が崩れないようにしているのだそうです。
データベースも時代に合わせて進化させるのはもちろんのことですが、その中でも良いところはしっかり残していきたいと思いました。(幸)

バックナンバー

おすすめ記事

【第7回】売手に法人株主がいる場合に検討すべき株価の圧縮方法とは

スキルアップ

[【事業承継】中堅中小企業の事業承継M&A ~会計税務の実務上の頻出論点~(M&Aキャピタルパートナーズ)]

NEW 【第7回】売手に法人株主がいる場合に検討すべき株価の圧縮方法とは

桜井 博一(M&Aキャピタルパートナーズ 企業情報第二部 公認会計士・税理士)

地銀本格再編の台風の目となるか:SBIホールディングスの構想

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

NEW 地銀本格再編の台風の目となるか:SBIホールディングスの構想

マール企業価値研究グループ

日本電産<6594>、子会社の日本電産エレシスを株式交換により完全子会社化

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム